So-net無料ブログ作成
検索選択

ど忘れ・忘却・物忘れ [ママ]

P1010518.JPG 

 昨日パパは作家さんの所にメガネを置いて来てしまい、夜遅くに取りに戻りました。呆れていたママも人を笑えません。「ボケ老人になるのが怖い」と言っていますが、ママは若い頃からかなりボケていたと思います。

img060.jpg 

 時々何かをしようとして隣の部屋に行って、何をしに来たんだか思い出せなくなります。何かの最中に電話が掛かって来たり、誰か訪ねて来たりすると、それまでやっていた作業を忘れちゃいます。「バースデイ・ブルー」で自分の誕生日の不満を書いていましたが、ママは猫達の誕生日を覚えていません。2日も過ぎてから突然思い出して「ハッピーバースデイ」を歌ってくれたりします。どうせ猫だから分からないと思っているんでしょうか。

 (ドンが舐めているケーキは、本物ではなく食品サンプルの物入れです)

P1010297.JPG 

 パパも猫達の名前をど忘れして「おいゴン! ガン! ドン!」とか全部呼んでみたりします。「ぶんぶんキャッツ」の名前は紛らわしくてよく聞き間違えるので、それぞれ呼び方を変えています。さらにママが「スットコランドストーリー」とか「スタートリック」とかのお話で、別の名前も付けたりするので、よけい混乱するのです。

P1010510.JPG 

 健康情報番組などで物忘れに効くという知識を仕入れても、しばらく経つと内容を覚えていないので、あまり役に立ちません。それより困るのはママの、都合の悪い事は全部忘れちゃう性格の方です。

P1010204.JPG


nice!(39)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お留守番解放区 [ぶんぶんファミリー]

P1010430.JPG 

 お留守番をさせても寂しくないのが、多頭飼いの良さです。「ぶんぶんキャッツ」は寂しくないどころか、ママが居ないと何をしても大丈夫と思っているフシがあります。帰って来てドアを開けると、お出迎えではなく遊びの途中で通りかかったらしい猫が、「あれ!もう戻ったの?」という顔をしたりします。

P1000812.JPG

 何をやっていたのか家中を確認して回らなければなりません。年下の猫達に悪事を仕込む馬鹿者が居るのです。壊れている物、盗まれている物、汚れている所などを調べますが、別の不良行為もありそうですね。

 「ゴンゴンさんやめてー!!」

P1010428.JPG

  (あまり)異常が無ければ、外から持ち込んだ荷物の匂いを嗅がせます。犬や猫はより多くの匂いを嗅がせる程お利口になるのです。またパパやママが外出するのは狩りに行くのだと思っているので、まず戦利品を見せなければなりません。食べ物でなくても何か目新しいものを出せば、狩りが成功したと思うでしょう。ちょうど食事の時間ならすぐにゴハンをやります。狩りの上手な親だと尊敬されます。(毎日疲れて帰って何も出さない飼い主は、狩りがヘタなんだと同情されているハズです)

P1010174.JPG 

 ひとりでお留守番させているお家でも心配はいりません。元々イヌ科やネコ科の動物のほとんどは、赤ちゃんを残して何時間も狩りに出ます。子供だけでじっと待っていられる本能があるのです。ぶんぶん達のような「親の居ない間の乱痴気騒ぎ」もしないでしょうから、帰ったらお土産をやりましょう。いちいち何か買ってこなくても、ちょっぴりオヤツをやるとか、紙を丸めたものとか、あげられる物でいいんです。ご褒美があると分かれば、待ってるのが楽しみになりますからね。

P1010470.JPG 

 「ぶんぶんキャッツ」には紙袋の持ち手の紐を切り取り、何回か結んだ物を渡します。ボスのドンごろーのチェックが済んだら、すぐにまた大騒ぎが始まりますよ!!


nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

快気祝いで脱力全開!! [ママ]

P1010487.JPG 

 復活しましたー。ご心配おかけしました。皆様ありがとうございます。

 挙動が怪しいままですが使えます。先輩諸氏のおっしゃる通り様子を見ていれば良かったようです。ちなみにソネット宛ての問い合わせメールには、翌日に「調べてるから待っとれ」(要約)との返事が来たきりです。

P1000162.JPG 

 この所ずっとPCの調子が悪かったので、こっちの問題だったらどうしようと焦りました。ママは「P・C・A・P」で「しり」の悪口を書いたせいで、復讐されたのではないかとビビったのです。

 PCに限らず家電や車などの機械は、こちらの言う事を理解しているのではないかと思える時があります。(買い替えようとしたら調子が良くなったりして)

P1000842.JPG 

 ママはPCのアップロード後に「アイフォト」がバッテン印で封鎖されて困っていました。

 新しく入った「写真」という愛想も何もない名前のアプリは、写真加工の種類が減っています。ママがコンデジのAIモード(フルオート)で撮っている写真はヘボすぎて、調整しないと使えません。慌てて(無料の)加工アプリを探し回って入れましたが、作業に時間が掛かるようになったのです。

P1010477.JPG 

 ある晩、面倒くさくてメゲてしまったママが「私のアイフォトを返してよ~~~」と涙ぐんでいると、あら不思議!! 次の日何故か封鎖が解除されていて「アイフォト」が使えるようになりました。 (これも不具合の一種??)

P1010491.JPG 

 何がなんだか分かりませんが、復活を機に今まで以上に頑張らず(!?)脱力全開モードで行こうと思います。これからも「ぶんぶんキャッツ」をよろしくお願いします。

 

 


nice!(50)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

たすけて~ !

記事入力画面が変化していて、フォントなどの変更バーが無くなっちゃってます。記事部分への写真取り込みも出来ません。過去記事も写真部分が意味不明言語に変わってるし、プレビュー画面は真っ白になってます。訳が分かりません(涙) システムメンテナンスなる者の呪いでしょぅか? どうしたらいいか分からないので、今日の記事更新を諦めます(涙涙) 
nice!(37)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぶんぶんハンティング [ブン]

img061.jpg 

 暖房が行き渡るのは狭い家の利点です。(負け惜しみ) ここ何日かの寒波にも、ヌクヌクとのんびりしてる「ぶんぶんキャッツ」です。みんな本当に甘やかされて育ってますね。

img058.jpg 

 昔パパとママと私(ブン)が暮らしてたのは、山奥(??)の広い家。周囲は自然が豊かだったので、よく色んな虫が入り込んで来ました。私が巨大な蜘蛛やムカデとじゃれてると、決まってママが大声をあげて、横取りしに来ました。見つからないで楽しめた時は、飽きてからママにあげました。へろへろになったゴキブリなんかを見せに行くと、いつもキャーキャー喜んでくれたものです。

img055.jpg 

 ママがくれたおもちゃは、遊び終わったらちゃんとお靴に入れておきました。ラーメンのスープ袋やミントチョコの包み紙は、冷蔵庫の下に収納していました。現役「ぶんぶんキャッツ」は、誰も何も片付けません。もらったおもちゃも片っ端から色んな隙間に入れてしまって、すぐに遊べなくなるのです。

img066.jpg 

 だいたい雄達は狩りがヘタです。ゴンゴンは1センチくらいの小さな蜘蛛でも、じっと様子を見るだけです。運動神経は抜群なのに、気が小さくて手が出せないのです。ガンちゃんは勢い余って空振りするタイプ。ドンごろーは鈍いのでやっぱりダメ。ギンさんが居た頃は、彼女がさっさと仕留めてました。狩りの名手だったのです。ネコ科の動物では、狩りが上手なのは雌の方です。おデン様は皆を押しのけて、ボンにゃんは小さくてもすばしっこくハンティングが出来ます。

P1000202.JPG

 ダンゴ君だけは、毎日真面目に狩りの練習をしています。猫砂などをぶっ飛ばしては追いかけて、腕を磨いているのです。充分に訓練をした後は、使用済みの砂つぶを、パパにプレゼントしてくれます。

P1010219.JPG

 

 


nice!(35)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ねんねこ攻防戦 [ぶんぶんファミリー]

P1000471.JPG 

 わざわざ蚊帳を吊って寝ている我が家では、キャットウォークを作るなどという恐ろしい計画は考えられません。高い所から顔めがけて猫が飛んで来る恐怖は、猫飼いの皆さんならお分かりになると思います。ママは額から血を流していたのに気付かず、宅配を受け取りに出た事があります。目の上にコブが出来ていた時もあり、どんな家庭だと思われたでしょう。

P1010158.JPG 

 寝る前には蚊帳の用意以外にも準備があります。まずゴンゴンにトイレをさせておかなければなりません、こいつは猫砂にとことん穴を掘りますが、全く埋めないのです。鼻が曲がる臭いで目を覚ましたくありません。

P1010409.JPG 

 ゴンはウ〇〇がしたくなると鳴き始めます。「オカ~ン オレしたくなっちゃったかも」「してもいいかなー」「ホントしたいんだってば」「あ~~もう出ちゃうよ」ママがいくら「早よせいっ!」と言っても家中をウロウロしながら鳴き続けて、なかなかしません。「ど~しよ~出るよ出るよ」「だから早くしなさいっ!」「オレも~ダメ⋯」ママがついにブチ切れて「いー加減にせいっ!!」と叫ぶ頃、やっとトイレに向かいます。ひと苦労です。

P1010152.JPG 

 ドンごろーをなるべく遠ざけておく必要もあります。ドンは大イビキをかいてうるさいのに、枕元で寝たがるのです。「あっちの方が広くてゆっくり眠れるよドン」「オラここで大丈夫だよ~。おっとうの寝顔見てるだよ」「ドンごろーおこたで寝たら? あったかいよー」「おっかあ優しいだな。オラ寒くねえし、おっかあの側に居るだよ~」なかなか離れようとしません。 

P1000996.JPG 

 やっとドンをよそにやって眠りについても、暗闇をブツブツ言いながら歩き回る奴や、UFOを呼ぶ奴(!?)がいて物音で目が覚めます。さらに夜中にトイレに行く場合は、廊下にいる猫を踏まないように気を付けなければなりません。青猫や黒猫は暗い所では見えないのに、足元にまとわりついて来るトラップなのです。

P1010208.JPG


nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

多頭飼い円満法 [ぶんぶんファミリー]

P1010074.JPG

「ぶんぶんキャッツ」は全員バラバラに我が家にやって来て、誰も血縁関係はありません。それでも一緒にゴハンを食べ、一緒に遊び、それぞれの寝床を共有して交替で使います。大人は小さい子を世話するし、誰かが困っているとゾロゾロ集まって来ます。

 雄達は毎日プロレスごっこで力関係を確認しますが、遊びの範疇です。今までに血が出るような怪我をしたのは一回だけで、大きな揉め事はありません

 ママは「多頭飼い必勝法」で選んだ成果だと自慢しますが、猫達にも聞いてみましょう。

P1010322.JPG

 ゴンゴン「やっぱオレが面倒見てやった連中だからさ~。みんないい子に育っただろー? オレって優秀なイクメンだな!」

P1010333.JPG

 ガンちゃん「私はシワワン星から友好大使としてやって来た者ですから、宇宙と地球の平和の為に精一杯努めております」

P1000546.JPG

 ドンごろー「オラは尊敬を集めるボスだんべ? オラの命令をちゃ~んと聞いてりゃ間違いねーだよ」

P1000797.JPG

 おデン様「モチロンわらわの卓越した統治能力によるものじゃ!」

P1000652.JPG

 ボンにゃん「お家が上手く行ってるのは、全部ととちゃまのおかげなのよっ!」

P1010212.JPG

 コバン「拙者が邪気払いに励み、良い気を招き入れておりますからな!」

P1010066.JPG

 ダンゴ君「ボス猫と女王様と旦那さんって、誰が一番エライんですか???」

 

 

 

 


nice!(40)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

P・C・A・P  (パソ・コン・アホ・ピーポー) [ママ]

P1010338.JPG 

  年初からPCの不具合に悩まされているママ。きっとダウンロードだかインストールなる者の仕業です。他の人のブログを見に行くと、何人もがPC不調に陥っています。PC達も正月休みが欲しくて、ストライキに入っているのでしょうか??

 P1010352.JPG

 ママは電気が通っている物は、全部生きていると思っているので、いちいち名前も付けて可愛がっています。それなのに時々アップデートなどという反乱行為があり、見慣れたアイコンの顔つき(?)が、変わってしまいます。「前の奴はどこに行ったのじゃー」と慌てても遅く、新参者は決まって使い勝手が悪くなっています。慣れている方を使い続けたくても、「ナンチャラに対応していません」とか「ホニャララを入れないと使えません」とか脅迫状(?)が届くのです。だいたいPC業界というのは、ネットに繋げなくて困っているのに「判らない時はHPを検索して下さい」だとか、一体どうしろと言うのでしょう。

P1000368.JPG 

 突然話しかけてくるようになった「しり」という女にも、ママは困惑しています。知らないうちに勝手に居着いてしまって「聞き取れませんでした」と声を上げます。人の話を盗み聞きしている上に、もう一度言えと命令するのです。カンジ悪いので追い出したいのですが、方法がわかりません。ネット上にはウインドーショッピングを後ろから密かに観察している営業マン(?)もいて、買わなかった商品を後からしつこく勧めます。キモいです。

P1010368.JPG 

 動物なら何でも大歓迎なママですが、PCに住み着いている連中にはお手上げです。


nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

レッツ・ゴー「東映時代劇」 [パパ]

P1010309.JPG

  パパが子供の頃好きだった「東映時代劇」は、ツッコミどころ満載の楽しい映画ばかりです。洞窟に入るシーンと出てくるシーンで着物が替わっているなど、有名なエビソードはいっぱいありますが、ママのお気に入りは「旗本退屈男」です。話はどうでもよくて(!?)市川右太衛門さんの踊りを見たいのです。

 物語が佳境に入ると必ずと言っていいほど、広い屋敷の一角に、大きなハリボテの置かれた舞台が出て来ます。中に右太衛門さんが隠れているお約束なのです。華やかな音楽が始まりハリボテが割れると、中から現れた右太衛門さんが、太っといボディで軽やかなステップを踏みます。アメージングなダンスです。

P1010311.JPG

 ママは月形龍之介さんの、ビシッ!と腰の入ったカッコイイ殺陣にもシビれていましたが、真剣を使っていたと聞いてぶっ飛んでしまいました。品格のある立派なお方と思っていたのに、アブナイ爺さんだったのでしょうか? そういえば月形さんと笠智衆さんは、最初から年寄りでしたね(!?)

P1010325.JPG

 この頃の映画でお色気を振りまくのは、女優ではなく男優の役目です。立ち回りの時ガバッと脚を開いて、ふんどしをピラピラ見せてくれる決まり(!?)になっています。東映以外でも「ふんチラの王」市川雷蔵さん他そうそうたるスター達が「ふんどしピラピラ」を披露しています。昔は男のハダカに価値があったんですね。

P1000895.JPG

 ちなみにパパが見ていたのは「はやぶさ奉行」(遠山の金さん)ですが、ドンとバンが見ているのは「猫侍」ではありませんよ。(念の為)

 

 

 

 


nice!(32)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

バースデイ・ブルー [ママ]

P1010254_Fotor.jpg 

 昔々、三が日はすべての店が休業で、コンビニもまだ無く、お取り寄せも食品冷凍技術も発達していなかった時代。この時期が誕生日の子供達には大きな悩みがありました。

 冬休み中だし、それぞれの家ごとに帰省やいつもの予定があるので、お友達を呼んでお誕生会を開いもらうのは無理です。新年の恒例行事が進む中、おせち料理やお雑煮を食べ続け、バースデイ感というものが全く無いではありませんか。

P1010284_Fotor.jpg 

 ママが子供の頃の実家では、暮れから親戚が集まって年越しの宴会が始まり、そのまま新年会になだれ込んで飲んだくれた大人達は、2日の朝はなかなか起きて来ません。やっと誰か捕まえて「今日誕生日なんだけど⋯」と言うと「お年玉をやったばかりじゃないか」と言われたりしました。それでもプレゼントは貰えましたが、クリスマスと近いので「両方込みでいいだろ」などという絶対許せない提案もありました。

P1010263_Fotor.jpg 

 しかし問題は別にあります。ケーキです。お正月にはどうしても、ケーキが手に入らない時代だったのです。ママは大人になるまでバースデイケーキを食べた事がありません。パパがホテルのケーキ屋さんに頼んでおいて、当日受け取って来てくれたのが最初です。

P1010265_Fotor.jpg 

 何度か三が日生まれの人と知り合いになりましたが、みんな情けない誕生日の話で盛り上がりました。後になって思えば、華やいだ雰囲気のこの時期「おめでとう」を言い合う中での誕生日は悪くないものです。何より今はケーキが買えますからね。


nice!(46)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ハッピー・ミャウ・イヤー [ママ]

P1010247.JPG 

 穏やかな快晴の清々しい元旦の朝ママが最初に目にしたのは、トイレから大量に搔き出された砂と〇〇コロの山(⋯⋯)「新年早々運が付いて良いわ」などと気を取り直したものの、今度はお雑煮に入れる餅を黒焦げに⋯。さらに毎年かかさず続けていた綺麗に詰めた重箱の撮影を、すっかり忘れて中身を食べ切ってしまった(!!) ママはおせち料理があまり好きではないので、一日で食べきれる量しか用意していないのです。

P1010250.jpg 

 去年の暮れようやくブログのサイドにメンバー紹介欄を設置して(これだけの事に2ヶ月もかかった!)意気揚々と2017年に突入しようとしていたママは、すっかり出ばなを挫かれて、昔何度も見た映画をまったりと見続けるヤル気のない初日を過ごしました。すぐに内容を忘れてしまうので、時間を置けば何回でも同じ作品を楽しめるお得な性分なのです(見始めて15分も経ってから、やっとコレ見た!と気が付いたりします)

P1010248.jpg 

 猫達はもちろん「今年は頑張りましょう」などとは全然思わないので、いつも通りのアホンダラぶりを思う存分繰り広げ、ぶんぶん家の先行きが思いやられる一年が、またズルズルと始まったのでした。

P1010240.JPG

 #今年も「ぶんぶんキャッツ」をどうぞよろしくお願い致します。

 


nice!(33)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ファイナル・ゾンビ・ナイトメア [ホラー]

P1010217.JPG 

今年もやります! 猫神シネマ恒例「年越しホラーナイト」

絶叫の瞬間に新年がやって来る!

恐怖の一夜が明けたら、そのまま猫島神社で初日の出を見よう!

今回の一本目は「イット・フォローズ」(怖いですよ~)

二本目は「死霊館 エンフィールド事件」(怖いですね~)

三本目は「ライト/オフ」(あ~怖い)

そして最後は新作「ファイナル・ゾンビ・ナイトメア」

[UFOが墜落し、調査機関によって封鎖された町の高校で、

 おぞましい連続殺人事件が起こる!

  殺したのは誰だ!

 ゾンビになって、次々蘇る被害者達!

 どこにも逃げられない!]

 

〇アメフト部の花形クォーターバック「俺はスーパースターになる男だぜ」

P1010193.JPG

〇チームのキャプテン「まさかオメェじゃないだんべ?」

P1010196.JPG

〇いじめられっ子の転校生「今に見てろよ!」

P1010199.JPG

〇学園祭の女王「あの音は何なのじゃ!」

P1010026.JPG

〇しっかり者の生徒会長「こっちに来る⋯!」

P1010083.JPG

〇学年一の秀才「あれは一体⋯!?」

P1010190.JPG

〇イケてない宇宙オタク「ぎゃああああっ!!」

P1010194.JPG

[この中に犯人がいる!!

 町中が大混乱!

 追いつめられた生徒達の運命は?]

 COMING SOON!!

P1000200.JPG

  #それでは皆様また来年お会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 


nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スットコランド・マナー [スコティッシュフォールド]

P1010151.JPG 

 スコさんは他の猫よりお間抜けです。どの種類の猫でも間抜けな面はありますが、スコには負けます。全員何だかお馬鹿さんです。

 スコの先祖は野良だったはずですが、こんなんでやって行けたのでしょうか?スコの国では人間も含めて、みんなのんびりしているのかも知れません。

 このすんばらしい国を「スットコランド」と呼びます。スコのいる場所はどんな所でも「スットコランド」になってしまいます。

P1010054.JPG

 スコの特徴として、肘掛けに肘を乗せる座り方「スコ座り」が知られていますが、ミーアキャット立ちもよくやります。高い所に飛び上がるのが、得意じゃないせいかも知れません。立ち上がったまま長い間遠くを見ています。

P1000736.JPG

 足をピッタリ揃えて腹這いになる「スコ寝」も出来ます。スコ以外の猫にはまず無理な姿勢です。

P1000542.JPG

 いつも偉そうにしているスコですが、ゴハンは何を出されても、文句を言わずよく食べます。ただし食べるのもゆっくりです。

P1010135.JPG

 人見知りで怖がりなのに、すぐに捕まってしまうのも良いところです。そして怖がりのくせにどうしてだか、道の真ん中で堂々と、無防備に眠ってしまいます。

P1010015.JPG

 スットコランドはいつも平和で、とても安全な国なのです。

 

 

 

 

 


nice!(37)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ダンゴ君の贈り物 [ダン]

P1000782.JPG 

 下足番に降格されてからのダンゴ君は、おデン様のご機嫌を取ろうと一生懸命努力しています。シュレッダーの引き出しを開けて、紙くずを全部ぶちまけて見せた時には、おデン様もたいそうお喜びになりましたが、調子に乗ってコンセントカバーをかじり取って持って行こうとしたら、ママに見つかってすごく怒られてしまいました。

P1000779.JPG 

 それでもメゲずに何か献上品になる物は無いかと、毎日ブツブツ言いながら探し回ります。

 「おデン様に差し上げるもの。おデン様に差し上げるもの⋯」「何をあげたら喜んで下さるかなー。やっぱ食べ物かな」「旦那様が食べてるアレがいいよなー」「アレを渡せたらきっと、お前はなんて狩りが上手なのじゃ、わらわの婿にふさわしい雄じゃ。なんて言われちったりして⋯」

 昨日はいつまでもパパにまとわりついて、トリの骨付きモモ肉を狙っていました。鼻先をペチペチ叩いて「ダメダメ」されても、ダンゴ君はなかなか諦めない性格なのです。

P1010080.JPG 

 このままでは、最近おデン様に気に入られ出したコバンにも、負けてしまいます。この家にやって来た頃、彼の半分の大きさしかなかったダンゴ君は、頑張ってゴハンを食べて追いつこうとしました。でも何故かコバンは、ダンゴ君が追いつきそうになると、突然ボワワンッ!と成長します。魔術が使えるのです。とてもかないません。

P1000972.JPG 

 ドンごろーはそんなダンゴ君に「おめの顔では、おデンに気に入られる訳がねえべさ」と言います。

P1000974.JPG 

 「えー?そんな事ないですよ。長友さんだって可愛いアモーレと、結婚出来るじゃないですか」「アモーレはオヤジ顔が好きなんだべさ。おデンは面食いだど。オラみてえなカワユイ男子にしか興味ねえだよ」

 「そんな事ないやい!そんな事ないやいっ!!」

P1010062.JPG 

 ダンゴ君が騒いでいるので、意地悪なゴンゴンがやって来て言いました。「耳折れどうしは結婚出来ないって聞いてねーのかよ?」

P1010031.JPG 

「わああああああああん!!!!!」

 ダンゴ君は涙を浮かべて、いつまでも転げまわっていたのでした。

 P1010068.JPG

 

 

 


nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ハッピーホリデイ・ローテンション [ママ]

P1010157.JPG 

 ミッションスクールに通っていた頃、ロウソクを持って賛美歌を歌うクリスマスミサの最中に、居眠りをしたママは髪の毛を燃やしました(!!)

P1010163.JPG 

 一人暮らしを始めてからは、街がテンション高めのこの時期が苦手で、家に帰ってTVをつけても、普段見ているようなものはやっていない。年が明けても番組が変わる度に「おめでとうございます」を聞き続けなければならないのが、またうっとうしい。「めでたい事なんか何にも無いわい!」とすっかりイジケていたママでしたが、今では誰よりも「おめでたい脳みそ」の持ち主になっています。(めでたしめでたし)

P1010158.JPG 

 主婦になってからは、何かと余計な手間の増える年末年始が、やっばり面倒くさっ。ニャンコ達のように日々の雑事や行事に関係なく、季節だけが 何となく過ぎて行く暮らしが、良いではありませんか。良いですよねー?

P1000576.JPG 

 諸行無常の悟りを開き、平常心で普段どおりの毎日を過ごして行こう! 

 しかし「いつもと同じ一日として新年を迎えたいのじゃ」という主張に、賛同者はいっこうに現れません。やっぱり色々準備しないと駄目ですかね(サボリたいだけ)

P1010164.JPG 

 このブログを始めてまだ2ヶ月。もうヘタれちゃってるママなのでした。


nice!(33)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

謎の道磨き [ママ]

P1000432.JPG 

   今日は冬至ですが、皆様のお宅では大掃除はお済みですか?

 ママは「うちはいつもピカピカにしてありますから、大掃除なんて必要ないんですのよ。オホホホホ」と一度言ってみたいそうです。一生言う機会は無いでしょう。

 窓拭きとカーテン洗いはもうやってあるので、あとは風呂場とガスレンジまわりなんだそうですが、先週もそう言っていました。来週も言っていないと良いんですけど。

 ゴンゴンだけは掃除機が好き。毎日吸ってもらいます。他の猫はダンボール片付けのお手伝いが大好きです。

P1010121.JPG 

  ところで皆様のお住まいの地域では「道路清掃車」を見かける事がありますか? 

 今から20年程前の凍えるような真冬の深夜。ママは道路端にチョロチョロと水を撒いて行く黄色い清掃車両を見ました。ブラシがけはしていません。この寒さで水を撒いたら朝までに凍ってしまうに違いないのに、通行人が滑ったらどうするのでしょう?

 不審に思ったママでしたが、頭脳明晰なので(本人談)はたと気が付きました。これは何か別の目的を持ってやっている行為に違いない!

P1010123.JPG

  汚れてもいない道路を何度も往復している。同じ区画にしょっちゅう現れる。ノロノロ走行していても怪しまれない。つまり⋯これはスパイ活動に違いない!!

P1010126.JPG

  この秘密に気がついてからママは、「諜報局道路清掃課」通称「道磨き」に注目しています。この車両が通る場所には、決まって廃墟のような、何に使われているか判らない建物が存在しているのです。これらの建物に出入りする組織の、動向を探っているのでしょう。

   あなたの町にも「道磨き」が出没していたら注意して下さい!! (何を??)

P1000970.JPG

 #注#このブログはママの独断と偏見・妄想・事実誤認によって構成されています。


nice!(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スットコランドストーリー [スコティッシュフォールド]

 P1010043.JPG

〇前回までのあらすじ(前回なんてあった!?)

 怪力自慢の若者ドナルドは湖の怪物を倒し、王女デニースの近衛兵に取り立てられるが、女王の急死によって事態は急変する。領土を狙う隣国の刺客から逃れ、女王に即位したデニースは、ドンを親衛隊長に任命し、その配下に魔導士コバーンと密偵ダニエルを置く。二人は隣国の動向を探り、魔女の攻撃をかわして、ドンと共に女王を守る。しかしデニースは異国から来た謎の青年グオン・ゴウンに心惹かれ始め、侍女のボニーはこれを快く思っていなかった。さらに領内ではUFOが飛んでいたとか宇宙人を見たという噂が広がる。

 〇登場人物紹介

勇者ドナルド・ゴーロウ

P1000846.JPG

女王デニース・オーデン

P1000830.JPG

魔導士コバーン

P1010035.JPG

密偵ダニエル

P1000666.JPG

異邦人グオン・ゴウン

P1010088.JPG

 侍女ボニー

P1000756.JPG

目撃された宇宙人

P1010040.JPG

 〇第41話(あと40話はどこなのよっ!!)

 今日のスットコランドは、おおむね平穏で何事も無く過ぎたのだった。

 つづく⋯

 

#「スットコランドストーリー」を第1話からお読みになりたい方はこちらをどうぞ(本当は第1話なんてありませんよ)   

 http://boonbooncats.blog.so-net.ne.jp/2016-10-23-1 「ぶんぶんキャッツがやって来る!」

 


nice!(35)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぶんぶん脱力家族 [ぶんぶんファミリー]

P1010007.JPG.JPG 

   座椅子から立ち上がろうとしただけなのに、突然足がつってしまったパパ。それを見たママは恐ろしい考えを巡らせました。

 つるというのは腱が切れたとか伸びたとかではなく、筋肉の硬直によって神経を刺激している状態である。筋肉を弛緩させなければ痛みは引かない。弛緩つまり脱力させるには⋯そうだ!!笑かしてやろう!

   足の痛みで悶絶して逃げられないパパを、いきなりくすぐり始めたママ。パパが泣き笑いしながらよけいひきつったのは言うまでもありません。皆さんはマネしないで下さい。(しないか) 足がつった時は安静にするのが正解です。

 パパとママの騒ぎをよそに「ぶんぶんキャッツ」はのどかです。

 P1000839.JPG

「今日も猫浦は良い天気でござるな」(コバン)

「えっ!猫浦ってどこですか?」(ダンゴ君)

「ここはスットコランドですよねー?」

 「おめら馬鹿でねえか?もちろんスットコランドだんべさ」(ドンごろー)

 「アホ!!猫浦じゃんかよ」(ゴンゴン)

 P1000586.JPG

「エエッ!!ボンにゃんさんはどう思いますか?」

「バ~カ!ここはととちゃまのおうちなのよっ!」

P1000735.JPG

 混乱したダンゴ君はおデン様にお伺いをたてます。

 「愚か者!!我が領地スットコランドに決まっておろう!!」

P1000835.JPG

「そうですよねースットコランドですよねー」

  やっと安心したダンゴ君に追い打ちが掛かります。

「ここは地球ですよ」(ガンちゃん)

P1000441.JPG

「えええええっ!!!地球ってどこなの?」「猫浦って何なの??」

「僕は今どこにいるの~???」

P1000731.JPG

 

 

 


nice!(40)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

本当はユルイおとぎ話 [デン]

P1000072.JPG.JPG 

  白雪姫は何度でもだまされる女です。殺されかけても学びません。まただまされて死にかけます。一方の継母は美しいだけでなく、とっても出来る奴なんです。魔法が使えて行動力もあります。馬鹿のくせに美人と言うだけで、チヤホヤされる白雪が許せないのも納得出来ます。

 男性陣はそれでも世界一の美女なら良いと思うでしょうが、物語をよく読んでみて下さい。白雪はセールスにヨワいのです。勧められると何でも欲しくなります。王子の経済力がどの程度か分かりませんが、やがて国の財政も傾くでしょう。

 おとぎ話と違い実際の姫は賢くなければ務まりません。ましてや女王として国を治めるなら、誰よりも強くあらねばならないのです。

 P1000961.JPG

 我が家のおデン様ももちろんそうです。彼女は気が強いだけでなく大柄で、腕力にも自信のあるお方です。いざとなったら自慢の大根レッグスで、ドンごろーだってぶっ飛ばしてしまいます。かわゆいお顔に似合わない相当な破壊力をお持ちなのです。

 おデン様の側にはいつも臣下のダンゴ君が控えています。

P1000964.JPG 

  雄同士の小競り合いを見守ります。

 (冬でも蚊帳を吊っている理由は「宇宙人現る」で)

P1000823.JPG 

 今日もスットコランド(くどいようですがスコットランドじゃありません)の平和が保たれているのは、女王おデン様の優れた統治力の賜物です。多少オツムにユルイところがお有りだからと言って、彼女に逆らってはなりません。

P1000956.JPG

 


nice!(39)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

漫画編集者の脚本教室 [パパ]

P1000978.JPG 
 レンタルDVDを借りる時、よく似たタイトルの別の物と、間違えそうになった事はありませんか? (死霊館➜怨霊館とか)この手のDVDは大抵、間違えてしまった自分が情けなくて涙が出るようなC級作品です。泣ける映画をお探しの方にオススメです。
 
P1000651.JPG 
 漫画編集者のパパは、普段から映画・TVドラマ・小説などについて、良い点悪い点を考えて話します。編集の仕事は原稿の依頼や受け取りだけでなく、企画段階から漫画家と一緒にアイデアを練ったり、アドバイスをしたりするのです。
 
P1000985.JPG 
 このクセが付いている為、ママが思い付くどうでも良いヨタ話にも、いらんチェックが入ります。指摘しないと気が済まない職業病なのです。
「君の縄」(ドMの少年が、緊縛名人の少女と出会ってシバかれる奇跡の純愛物語)➜即刻却下
「老婆の休日」(スリを生業にするバアさんが、偶然拾った王子に世間のキビシさを叩き込んで感謝される感動物語)➜笑いをかみ殺しながら却下
「ティファニーで当直を」(ブランド店の警備員が、夜勤明けに店の前で金持ちの女性と知り合う逆玉の輿サクセスストーリー)➜却下
 
P1000460.JPG 
 ママはブロでは無くただの変なオバハンだというのに、何をムキになってきちんと直そうとするのでしょう?
 おかげでママは ブログを書くのにも、パパの直しが入るのではないかと気になって、戦々恐々としているのです。
 
 P1000992.JPG

nice!(36)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ゴンゴンご褒美猫ライフ [ゴン]

P1000612.JPG 

 中国には前世で徳を積むと、猫に生まれ変わるという言い伝えがあるそうです。ゴンゴンが良い事をしたとはとても思えませんが、彼が前世で毒蛇だった時、村人を苦しめる悪代官に(たまたま)嚙み付いて、皆を救ったのです。

 ゴンのクネクネとよく動く長いシッポと、誰にでも嚙み付こうとする態度を見れば、毒蛇の片鱗がうかがえます。

P1000969.JPG

 今日もゴンゴンは朝からママにまとわり付いて、嬉しそうに自慢話を始めました。

「オカ~ン。オレ運動神経抜群じゃん」「ドンごろーからかってやったら、アイツ怒っちゃってさー」「追いかけて来てもオレに追いつけねーんだよ」「まくの簡単すぎてつまんねーよな」

P1000740.JPG

「それにオレ雌にもてちゃうだろー」「みんなにチヤホヤされちって、けっこう疲れんのよー」「オカンの腕の中だけだぜー。オレがほっと出来んのは」

「なーオカ~ン。オレが愛してるのはオカンだけなの」「オレのまっすぐな愛を、思いっきり受け止めてくれよー!」

 どこまでも追いかけて来て鳴き続け、頭突きをしたり飛びかかったり、根負けしたママがだっこしてくれるまで、しつこい「オカ~ン攻撃」が続きます。

P1000766.JPG 

 ぶくぶく泡を吹きながら、気が済むまでアンヨちゅばちゅばをしたら(これがまた長くってママがまいっちゃうの) また誰かをからかいに行き、さんざん悪さをして、眠くなったら人の寝床に割り込みます。

P1000191.JPG

 これがゴンゴンの前世のご褒美猫ライフです。

 こんな事では当然、次は猫には生まれ変われないでしょう。

 


nice!(34)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぶんぶんTV事情 [ママ]

P1000921.JPG 
  アニマルプラネットには「行儀の悪いペット達」という、自分のペットがどれだけ家をめちゃくちゃにしたかを競って、大喜びする訳の分からない番組があります。ママはこれを見ると、うちのゴンなんかずーっとマシと思えてなごめるのです(見てる間だけ)
 
 他に「怪奇現象の研究」(ディスカバリー/理想の家を手に入れた家族が、悪霊に追い出されて、一文無しになるまでを追った再現ドキュメンタリー)で中古住宅の勉強を、「古代の宇宙人」(ヒストリー/神や古代遺跡や先端技術はすべてエイリアンの仕業と主張し続ける長寿番組)で大事な宇宙人研究をしていますが、どちらも家族に不評です。ひたすら飛行機が落ちまくる「メーデー」(ナショナルジオグラフィック/飛行機事故の原因調査)もお気に入りの番組ですが、出張でよく飛行機に乗るパパが、「俺に見せるな!」と言います。
 パパが好きなのは「サラメシ」とか「家族に乾杯!」とか、温かみのあるプログラムです。
 
 P1000908.JPG
 猫の好きな番組で有名なのは「世界猫歩き」ですが、ドンごろー以外の猫は見ません。ドンはボスとして、見慣れない猫が居たら睨みつけていなければならないのです!   (縄張りに入って来たら大変ですからね) 
 
P1000849.JPG 
   猫視聴率NO.1と言われていた「ダーウィンが来た!」(世界猫歩きコラボ)の時は、コバンに見張りを任せて、ドンも寝ていました。いつもアニプラを見ているので、この手の番組に慣れてしまっているのです。
 「強そうな奴が来たらオラを起こすだよ!!」
 
 P1000913.JPG
 
 家族全員で見られるのは、やっぱりスポーツです。猫達の一番人気はゴルフですが、ガンちゃんだけはフィギュアスケートを見ます。選手を叩こうとするので、転ぶのではないかとつい心配になってしまいます。
 
 

nice!(27)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫本退屈男 [パパ]

P1000032.JPG.JPG 

 ドリームジャンボ宝くじを買ったパパには、頭の痛い問題があります。ママは宝くじが当たったら、ブロレス団体が欲しいと言っているのです。

 昔テレビで、宝くじの当選金で田舎のブロレス団体(レスラー6人くらい)を手に入れたアメリカ人を見てから、ママは憧れ続けています(ちなみにこの人は、これが原因で奥さんと離婚したそうです) 堅実な老後資金にしたいパパとは意見が合いません。当たってもいない(当たる訳ない)宝くじで、もめ続けている意味のない夫婦です

 P1000276.JPG

 家に居る時間が増えてからママは、「新聞を取って来て」とか「ゴミを捨てて来て」とか、何かとパパに頼もうとします。パパは暇にしてる訳じゃありません。大事な仕事の試算などをしているのに、猫が揉めているなどとパパに言いに来ます。

 P1000861.JPG

 猫達もパパが居るのが嬉しくて、纏わり付いて困らせます。しかし「ぶんぶんキャッツ」では、ママ派が強いのではないかと気付きました。パパが大好きなボン。パパが選んだバンと、その相棒のダンの三匹がパパ派。けれどママ派には、ボス猫のドン・女王様のデン・宇宙猫のガンと、重要人物ばかりが押さえられています。どっちにも良い顔をするゴンゴンは置いておくとして、おデン様に逆らえないダンゴ君の立場もビミョーです。 結局ママ派に負けているような気がするパパなんです。

 P1000461.JPG


nice!(23)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫飼いベストドレッサー [ママ]

P1000799.JPG 

  若い頃は美しくなるのが目的だった化粧が、40代になればアラ隠しの為になり、50代になると、ほとんど特殊メイクの域にまで到達しています。メイクをしないと眉毛が薄くなっているので、ヤンキー女の成れの果てにしか見えません。

 「昔は美人だった」と言い張っているママも、今ではパパと、鏡餅のような立派なお腹を張り合う毎日。年を取るにつれ似合う服が無くなり、似合うかどうかではなく、着られるかどうかが大問題。(前は似合う服が有ったのかという素朴な疑問をお持ちでしょうが、本人がそう思うかどうかの話です)

P1000809.JPG 

  猫飼いは黒い服を着ません。素材感はツルツルが良いです。毛だらけになります。我が家にはチュバチュバをせがむ猫が2匹居るので、抱っこして指をしゃぶらせるとヨダレだらけにもなります。 

 下は自分のアンヨをチューチューするゴンゴン。ブクブクとヨダレ泡を吹き出すので、ママのシャツはベットベト(あーきったない)

P1000761.JPG

 ハーブの髪染めをした後は、髪の毛もベチャベチャに舐められます。特にゴンゴンはハーブジャンキーです。葉っぱに目がないアブナイ奴です。頭にしがみついてニッチャクッチャと咬み、振り払っても何度でも跳び付いて来ます(しつこい!) 髪の毛をヨダレでグチョグチョにしながら、猫を乗せて歩く姿は人に見せられません。

 P1000806.JPG

  化粧水も、もっちりプルプルとか吸い付くような肌にとか、そそられる謳い文句が書いてあったら使えません。顔に猫毛が張り付くからです。老眼の目を凝らして何とかつまみ取っても、またすぐに張り付き、すごくかゆくなります。

 7匹も猫がいたら家中に毛が飛んでいるんです。ママがお掃除をサボっているせいではありません。ママは目に付く所はちゃんと掃除します。あとは見ない振りして済ませてるだけです。

 P1000821.JPG

 結局お洋服は、完全インドア派であっても、アウトドアブランドがベストです。汚れてもザブザブ洗えて、ひっかかれても裂けません。たとえダサイと思われても、ママにはユル~イ服が良いんです。

 

 


nice!(30)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ドンごろゴロゴロ [ドン]

 P1000237.JPG 
 
 コタツの中から地響きのような音がするので、めくってみるとドンごろーです。人間のオヤジなみの迫力あるイビキをかきます。
  パパの枕元で寝ようとすると「うるさいからあっちへ行け!」と追い出されます。「オラ、イビキなんてかかねえだよ。そんなの一度も聞いたことねえだぞ」

 ママは「短鼻系だから仕方ないのよ」と言います。「オラやっぱり耽美系だっただな!」(何がやっぱり??)「オラを分かってんのは、おっかあだけだ」

 P1000509.JPG

 最近ドンごろーは落ち込んでいます。家に来た途端一目惚れしてから、ずっと好いて来たおデンには嫌がられ、一の子分と思っていたダンゴには殺されかけ(ドンごろー危機一髪) もう一人の子分であるコバンは何と、自分を差し置いておデンと仲良くなりました(陰陽師昇進)

 P1000776.JPG
 
 ママは人気者だと言ってたのに、「ドンごろーの優雅な一日」には、ひとつもnice!が付かなかったし、コメントも貰えませんでした。

 「ホントはオラ嫌われ者だっただか」

  ママしか味方がいないと思ったドンごろーは、歌を歌ってくれるようにせがみます。 「おっかあ!オラのお歌を歌ってぐでー」

P1000637.JPG 

 ママはいつもお腹をコニョコニョしながらテキトーな歌を聞かせてくれます。「どんどんドンごーろーうぉんおんおん! 皮の良いドンごーろーうぉんおんおん!」

 ドンごろーはこれを聞くと、嬉しくって大ゴロゴロしてしまいます。これで安心してイビキをかきながら眠れるのです。

 P1010056.JPG.JPG

 


nice!(28)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スタートリック [ガン]

P1000755.JPG
 
 よく晴れた日なら、人間に偽装した宇宙人は簡単に見分けられます。影が無いからです。光学迷彩を施しているせいです。
 夜や曇りの日は別の方法を試してみましょう。人通りの多い道で、周りの人に聞こえないような小さな声で囁きます。「あっ!火星人だっ」遠くから振り返る人が居たら宇宙人です。地獄耳なのです。
 また交通量の多い通りの横断歩道じゃない所を、堂々と渡る人も宇宙人です。地球の交通ルールを知らないのです。車に轢かれないか心配する必要はありません。絶対に大丈夫です。宇宙人が轢かれたというニュースを聞いた事は無いでしょう?
 
 P1000743.JPG
 
 ところで我が家の宇宙猫の方ですが、最近気になる噂があります。
 ガンちゃんは二人居るというのです!
 
P1000742.JPG
 
 壁を舐める奇行はともかくとして、この二人見分けが付きますか? 
 目付きのおかしいのは元からですよ(宇宙人現る)
 
P1000470.JPG
 
 仲の良いはずのゴンゴンが疑いの目を向け、ドンごろーが不思議そうに見つめる彼。
 
 P1000722.JPG
 
 ママは毎回ゴハンを、きっちり計量スプーンで計って出しています。早い時間に無くなってしまう日と、いつまでも余っている日があります。
 ガンちゃんはママが大好きで日に何度も指ちゃぶをせがみますが、ママを見ただけで逃げ出す時があります。何も悪さをしていないのに、慌てて逃げるのは何故でしょう?
 
 P1000628.JPG
 
 あなたはだーれ? 誰なんでしょう。
 
 
 

nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

陰陽師昇進! [バン]

P1000674.JPG

 「お前は誰じゃ」おデン様がお尋ねになるので、コバンは驚いてしまいました。「拙者は小判蛮八。この家の陰陽師にござります」

「挨拶に来ねば駄目ではないか」「えっ! 拙者一年程前からおりまする」

P1000270.JPG

P1000436.JPG

 「お忘れですか?蚊帳に穴を開けたおり、お褒めの言葉をいただきました」

「おお!蚊帳に入り口を作ったのであったな。あれは見事であった。あの後何処におったのじゃ」

「毎晩夜廻りを行っておりますが」

「ブツブツうるさいのはお前か」(ダンゴ君大作戦)

「いえあれはダンゴにござります。拙者は魔物の番をしておりますので」

P1000709.JPG

「この家に魔を放っておるのは乳母(ママ)ではないのか? あの袋で禍々しいモノ(ホラー映画)を持ち込んでおるのじゃ」

「見て参ります」

 P1000727.JPG

 「これはピザの匂いですな。何処ぞのオヤジとフレンチブルの匂いもしますが、悪霊はおりません」

「その袋から取り出した物にお化けが入っておるのじゃ。わらわの夢にまで侵入するぞ」(女王様の憂鬱)

「拙者がお守りいたします。任せて下され」

P1000703.JPG

  おデン様がコバンを、新しい衛兵に任命しました。それをダンゴ君が遠くからジト~ッと見ています。

 波乱の予感がします。

P1000718.JPG

 

 

 

 

 

 


nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ドリームキャッツァー [ママ]

P1000551.JPG 
 
 かつて韓流スターの中で誰が好きと聞かれた時、ママが「ソン・ガンホ」と答えると、ビミョーな沈黙が流れました。最近ママは、彼が主演の映画の夢を見ました。
 
 海辺の街でドーンドーンと音がして、海面に青緑の蛍光色の花火が上がります。人々が集まって来て見ていると、岬に真っ黒な灯台のような物が出現します。その中からエイリアンがぞろぞろ出て来るのですが、全員同じ人間の姿です。18世紀の軍隊か、レトロなグループサウンズのような、色あせた服を着ています。ガンホさんは女性を連れてショッピングセンターに逃げ込みますが、エイリアンがどんどん入って来ます。劇場に辿り着くと、そこでも人が次々捕まって行きます。裏口から脱出したものの、通りはすでにエイリアンでいっぱいです。門柱の陰に二人が身を潜めていると、すぐ横の戸が開いてエイリアンが出て来ます! 
 
P1000187.JPG 
 
 良い所で目が覚めたママは、続きが見たくて仕方ありません。
 しかし何と次の夜、夢の中で映画のチケットを持っていました。賑やかな商店街を歩き、映画館を見付けると、ポスターが張ってあります。ガンホさんの後ろには怪獣もいるではありませんか。「凄いっ!怪獣も出るんだ!!」喜んで中に入ろうとしたら目が覚めました。
 ママはまだ何とかして続きを見る気です。
 
 P1000746.JPG.JPG
 
  猫には超能力が有ります。その一つが人間の夢の中に侵入すると言うものです。
 
 ある日ママは綺麗な石畳の街を旅していました。ふと見るとスーツケースの上にゴンゴンが乗っています。ゴンゴンは飛び降りて何処かへ行こうとします。
 「こらこらこらっ! 人の夢の中で勝手にどっか行くんじゃないっ!」ママはゴンを捕まえなければと思い、焦って目が覚めました。
 
 
P1000781.JPG.JPG 
 
  もちろん夢の中で猫を連れ帰らなくても、ちゃんと戻って来ます。猫はあなたの夢を好きなように見て歩きますが、同時に守ってくれています。悪夢に悩まされている方は、猫と一緒に寝てみて下さい。猫が夢に巣食う魔を追い払うので、しだいに怖い夢を見なくなります。
 
 P1010211.JPG.JPG
 
  また夢の中で会う知らない猫「夢ノラ」は吉兆です。毛色の種類によって色々な意味があります。今度夢を見たら、夢の中の何処かに猫が居ないか探してみて下さい。もし見付けられたら良い事があるんです。
 
 P1000327.JPG
 
 
 

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫トイレお困り対策室 [ぶんぶん的猫の飼い方]

P1000676.JPG

 ゴンゴンはトイレの底が見えるまで徹底的に穴を掘り、ドンごろーは富士山のようにうずたかく砂を掛けまくります。この二匹がコンビで炭坑夫だったらエライことです。掘るのと埋めるのとで進みません。

 P1010184.JPG.JPG

 仔猫だったドンごろーが寝ているトイレは、すぐに使えなくなりました。雄達が立ったままトイレするようになったからです。トイレの中に立って外にしてるんでは、トイレの意味がありません!

 スプレー行動と思えるコレのせいで、ママの掃除が面倒になりました。フード付きトイレも、フードと本体の隙間から漏れ出るので大変です。相手が猫でも少しはしつけられますが、本能的な行動を抑えるのは困難です。人の方が出来る対処法を考えるしかありません。それでも不満タラタラのママは、雄達に向かってコンコンと説教したりしてました。

 不毛な説教で気が済んだら、次は理想のトイレ捜しです。

P1000681.JPG

 ガンちゃんが半分外に出たまましてるのは、ゴンゴンを警戒してるんです。ゴンは人のトイレを邪魔しまくります。終わったらダッシュで逃げるんですよ。

 ママは継ぎ目の無い高い壁に囲まれたタイプを探し回りましたが、なかなか見付けられませんでした。仕方なくソフトバケツを買って、自分で入り口部分を切り抜き手作りしました。

 P1000685.JPG

 ケージの中にも入る大きさで良いのですが、一年くらいで破れてきます。

P1000686.JPG

 これは後に探し出した物ですが、入り口が高く年寄り猫には使いづらいです。同じ理由で、上から出入りするタイプも元気な猫にしか使えません。スロープを設置したりすると、広い置き場所が必要になります。

P1000329.JPG

 屋根を猫ベッドに出来るこのトイレは便利ですが、やはりそのまま使うと継ぎ目から漏れます。中にペットシーツを、クリップで止めて使ってるんです。夏場に蒸れるので、付いていた猫ドアも外してしまいました。

P1000679.JPG

 結局、楽に使える猫トイレを見付けられなかったママは、「だからトイレじゃなくてお前達が悪いんじゃない!」と、今も怒りながら掃除しています。

 

 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

女王様の憂鬱 [デン]

 P1000656.JPG
 「お化けじゃ!お化けじゃ!」お昼寝中のおデン様が、突然騒ぎ出します。パパが抱っこして「お化けなんか居ないよ。夢を見たんだよ」となだめます。
 
 P1000500.JPG
 「うーん夢であったか。あの乳母(ママ)が悪いのじゃ。ホラー映画ばっかり見おって、夢に出て来るではないか!」
 「だいたい、わらわがピンチだったと言うのに、ダンゴはどこに行っておるのじゃ?」
 
 P1000514.JPG
 
 ダンゴ君はパパが着替えるお洋服を、寝押ししに行っているようです。
 
P1000413.JPG
 
 「役に立たない奴め。スパイも衛兵も務まらぬなら、下足番に格下げするぞよ」
 
 P1000548.JPG
 
「えぇぇーっっ!」ダンゴ君ショックで固まりました。
 
 P1000506.JPG
 
 「ふん!いい気味だべ。おめぇなんかオラに対抗するんは10年早えだぞ!」 
 ドンごろーが何か言っていますが、おデン様はおかんむりです。
 
 「 わらわに衛兵が必要なのは、お前のせいなのじゃっ!」(女王陛下のダンゴ君参照) 
 
P1000422.JPG
 
 
 
 
 
 
 
 

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット