So-net無料ブログ作成
検索選択

ズリまくり! [ゴン]

 ゴンゴンはハーブ系の匂いが大好きです。ロゴナのマウスウォッシュを使った後の、歯磨きコップをベロベロ舐めまくります。うっかり忘れて、そのまま又使わないように注意しないと、ゴンのヨダレだらけです。さらに目がないのがママの髪染めの匂いです。ヘナとインディゴなどを混ぜたものですが、染めた日はズリまくって鼻水をつけ、ど汚ないのでたまりません。引き剥がさない限りいつまでもやっています。(30秒)

 

ギャン泣き! [ゴン]

P1010503.JPG

 ママはゴンゴンが悲鳴を上げていても、いちいち見に行きません。どうせドンごろーをからかって噛まれたに違いありません。いつもの日課みたいなものだし、自業自得のバカタレなので放っときます。ところがこの日はガンちゃんが呼びに来たので、これは何かあると思いました。ガンちゃんは猫の手に負えない場合にママを探すのです。

P1010889.JPG

 書斎ではゴンがギャン泣きするのを、皆が取り囲んでオロオロしています。ヘタリ込んでいるゴンを見ると、後足に洗濯バサミが挟まっていました。ゴンゴンはいつも洗濯バサミを盗んで遊んでいます。室内物干しの上も綱渡りのように歩いて取って行きます。洗濯物が落ちるしガチャガチャうるさいし、ママが怒ると「ごめんなちゃ~い」「ごめんなちゃいね~」と謝りながらやめません。

P1010898.JPG

 それにしても何をするとこのようなアホンダラな事態になるのでしょう? 自分でかじりついて遊んでいたら、バチッ! と飛んで挟まったのでしょうか。ガッチリと足にくい込んでいた洗濯バサミを取ってやると、ゴンは恥ずかしそうにそそくさと逃げて行き、見守り部隊も解散しました。

 ドンごろーはゴンを倒した相手を素早くくわえて持ち去り「オラのもんだ」と宣言します。ゴンを泣かせたのが余程気に入ったみたいですね。

P1010912.JPG

 あれ以来ゴンゴンは洗濯バサミに手を出しません。「こいつは噛み付く!」と分かったのでしょう。悪事のネタがひとつ減って良かったですが、どうせまた別のイタズラを考えつくに決まっていますよ。

P1010237.JPG


アンヨちゅばちゅば [ゴン]

 猫の日の「おててチュウチュウ」が意外と好評だったので、ゴンゴンの「アンヨちゅばちゅば」も撮ってみました。自分の肉球を吸っていますが、何故かママに抱っこしてもらわないとやりません。後ろの椅子でグルーミングしているのはボンにゃん。途中で聞こえる鳴き声はおデン様です。(26秒)


ゴンゴンご褒美猫ライフ [ゴン]

P1000612.JPG 

 中国には前世で徳を積むと、猫に生まれ変わるという言い伝えがあるそうです。ゴンゴンが良い事をしたとはとても思えませんが、彼が前世で毒蛇だった時、村人を苦しめる悪代官に(たまたま)嚙み付いて、皆を救ったのです。

 ゴンのクネクネとよく動く長いシッポと、誰にでも嚙み付こうとする態度を見れば、毒蛇の片鱗がうかがえます。

P1000969.JPG

 今日もゴンゴンは朝からママにまとわり付いて、嬉しそうに自慢話を始めました。

「オカ~ン。オレ運動神経抜群じゃん」「ドンごろーからかってやったら、アイツ怒っちゃってさー」「追いかけて来てもオレに追いつけねーんだよ」「まくの簡単すぎてつまんねーよな」

P1000740.JPG

「それにオレ雌にもてちゃうだろー」「みんなにチヤホヤされちって、けっこう疲れんのよー」「オカンの腕の中だけだぜー。オレがほっと出来んのは」

「なーオカ~ン。オレが愛してるのはオカンだけなの」「オレのまっすぐな愛を、思いっきり受け止めてくれよー!」

 どこまでも追いかけて来て鳴き続け、頭突きをしたり飛びかかったり、根負けしたママがだっこしてくれるまで、しつこい「オカ~ン攻撃」が続きます。

P1000766.JPG 

 ぶくぶく泡を吹きながら、気が済むまでアンヨちゅばちゅばをしたら(これがまた長くってママがまいっちゃうの) また誰かをからかいに行き、さんざん悪さをして、眠くなったら人の寝床に割り込みます。

P1000191.JPG

 これがゴンゴンの前世のご褒美猫ライフです。

 こんな事では当然、次は猫には生まれ変われないでしょう。

 


ゴンゴンは人気者! [ゴン]

 P1000051.JPG.JPG
 今日も誰かが遊んでるおもちゃを奪い取って、隠していたゴンゴン。
 眠る時も自分は人の寝床に割り込みますが、先に自分が寝ている場合、他の猫が入れてもらおうとしても絶対に許しません。究極の自己中です。
 ゴハンを食べるのも、人を押しのけて良さそうな皿を取ります。
 ところがこのゴンゴンなんと雌にもてるんです!!!
 いつも意地悪されていたギンさんでさえ、彼を嫌っていませんでした。
 
 P1010143.JPG.JPG
 若い娘猫達は、見た目が第一なんでしょうか。
 優しいガンちゃんはもてません。ドンごろーは避けられてます。
 カッコイイというだけで、おデン様まで親しくしているではありませんか(当然スットコ男子の強い反感を買っています!)
 ママは「そんな男と一緒になったら一生苦労するわよ」と言い聞かせてます。
 
 P1000126.JPG
 ゴンゴンは、我が家にやって来る猫好きにも人気があります。ゴージャスなヒョウ柄の毛並みで、誰にでもすり寄って媚びまくるからです。
 特に修理や工事関係のオジサンが好きで、楽しそうに道具箱を物色します。
 ケーブル配線の点検員さんは、ペロペロと手を舐められ続け、笑ってしまって仕事になりませんでした。別の人の足にかじり付いた事も有り、今では誰かが来ると即刻ケージ行きです。
 但し、犬連れのお客様は別です。ママが捕まえるより先に物陰に隠れ、ドンごろーを前面に押し立てます!
 
 P1010200.JPG.JPG
 そんなゴンゴンにも一つだけ良い所があります。
 小さい子を可愛がるんです(小さいうちだけです)
 小さい頃可愛がってもらった記憶があるから、みんなゴンゴンが好きなんですね。
 
 P1000289.JPG