So-net無料ブログ作成
検索選択

朝からぶんぶん! 夜までぶんっ! [ぶんぶんファミリー]

P1000472_Fotor.jpg

「乳母っ!乳母っ! わらわは空腹じゃ!」おデン様の大声でパパとママが目を覚まします。先に起きたパパがキッチンでグァバ茶を飲んでいると、走って来たボンにゃんが立ち上がってスリまくり「ととちゃま! 抱っこ抱っこー」

P1000644_Fotor.jpg

 足元にはダンゴ君がまとわりついて「旦那さん!旦那さん!」とキャッキャッ言い続けています。

P1000856_Fotor.jpg

 寝ぼけたまま渋々顔を洗いに行ったママは、追い掛けて来て洗面ボウルに座ってしまうコバンを、どかさなくてはなりません。「奥方様! 水を出してくだされ! 拙者が清めまするゆえ」大きくなって重たいコバンを「よっこらしょ」と下ろしても、すぐにまた飛び乗って「奥方! 水をっ!!」朝からやれやれです。

P1010173.JPG

 ママがようやくキッチンでコーヒーを飲み始めると、例によってゴンゴンがアンヨちゅばちゅばをさせろと叫んで、頭突きを開始します。「オカ~ン! 愛してるよオカ~ン!」抱き上げてやるまで何度でも飛び付いてくるので、ママも諦めてちゅばらせてやります。

P1000767.JPG

 リビングで朝食を食べているパパの元には、おデン様が現れて「門番! 何を食しておるのじゃ!」クンクン匂いを嗅ごうとして、鼻ペチペチで追い払われると「無礼者っ!!」怒ってしまってしばらく口をきいてくれません。

P1010184.JPG

 ママが猫のゴハン・トイレ掃除・自分の朝食と一通り済ませ(猫が先なの) PCの前に座ってメールチェックを始めると、今度はずっと我慢していたガンちゃんが指ちゅばをせがみます。「義母上! どうかお願いいたします!お願いいたしますっ!

P1010145_Fotor.jpg

 その後ろではドンごろーが目を輝かせて「おっかあ! お腹コニョコニョしてぐでー。おっかあ!」落ち着いて操作できません。

P1000760.JPG

 昼間の猫達も掃除機との追いかけっこ・ブロレス大会・お料理の見学・ゴミまとめのお手伝い・お布団乾かしのフカフカ度チェックなど、毎日予定がいっぱいです。

P1010479.JPG

 そして夜になり、またゴハン・トイレ掃除を済ませ、寝る前に歯を磨こうとするママを追い掛けて来たコバンが「奥方っ! 水を清めますので出してくだされっ!」この繰り返しなのです。

P1010546.JPG

 あ~~あ。

 

 


nice!(51)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

冬の怪談・七つの怪異 [ホラー]

P1010138.JPG.JPG 

「ぶんぶんキャッツ」が住む猫浦には、不思議な言い伝えや都市伝説があります。(本文と写真には何の関係もありません)

P1030164.JPG

「4本目の橋 運河に囲まれた猫浦には数多くの橋があります。そのうち猫島を囲むのは7本です。「4本目の橋を渡ると戻れない」という言い伝えの4本目がどの橋を指すのかは、地元生まれの人もよく分からないそうです。ママは猫浦中の全ての橋を渡っていますが、別に何も起こりません。

P1030163.JPG

「水の中の顔」運河にはボラがたくさん泳いでいます。この魚は時々跳ねますが、ドボン!という音がした時、水面を見てはいけません。波紋の中に大きな目玉のようなものが見え、見た人は2度と水辺に近寄れなくなると言います。

P1000936.JPG.JPG

「行方不明の犬」猫は平気なのに、猫島で行方不明になった犬は、決して見つかりません。外に繋いだり、リードを離してはいけないのです。ママも「犬探し」の張り紙を、何度か見た覚えがあります。

P1030164 2.JPG

「体当たりするモノ」猫浦近辺は交通事故が多く、特に我が家の近くの橋の側で、決まって夜中の2時頃に急ブレーキ音が聞こえます。ガードレールや電柱にぶつかって止まっている車の運転手は、皆「その前に何かに当たった」と証言するのです。

P1010099.JPG.JPG

「立ち入り禁止の神社」猫島神社の境内には氏子しか入れません。一般の参拝客は参道にある小さな社でお参りします。でもこの参道そもそも本殿につながっていないのです。「立ち入り厳禁」の札が立っていますが、どうやって行くのかが謎です。

P1010095.JPG.JPG

「防災無線の声」区内では毎夕5時になると防災無線で音楽を流します。この途中に「うわ」というオジサン(?)の声が入っていると言うのです。ママも聞き耳を立ててみましたが、いわゆるハウリング音ではないでしょうか。

P1010131.JPG.JPG

「旧暦の大晦日」明日は旧暦の元旦です。昔は大晦日の晩に外回りの明かりを全て消し、雨戸を閉めきって、夜明けまでこもっていなければならない風習があったそうです。今はもちろん普通に人が歩いていますよ。でも何故なんでしょうね??

DCIM0018.JPG.JPG


nice!(49)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ど忘れ・忘却・物忘れ [ママ]

P1010518.JPG 

 昨日パパは作家さんの所にメガネを置いて来てしまい、夜遅くに取りに戻りました。呆れていたママも人を笑えません。「ボケ老人になるのが怖い」と言っていますが、ママは若い頃からかなりボケていたと思います。

img060.jpg 

 時々何かをしようとして隣の部屋に行って、何をしに来たんだか思い出せなくなります。何かの最中に電話が掛かって来たり、誰か訪ねて来たりすると、それまでやっていた作業を忘れちゃいます。「バースデイ・ブルー」で自分の誕生日の不満を書いていましたが、ママは猫達の誕生日を覚えていません。2日も過ぎてから突然思い出して「ハッピーバースデイ」を歌ってくれたりします。どうせ猫だから分からないと思っているんでしょうか。

 (ドンが舐めているケーキは、本物ではなく食品サンプルの物入れです)

P1010297.JPG 

 パパも猫達の名前をど忘れして「おいゴン! ガン! ドン!」とか全部呼んでみたりします。「ぶんぶんキャッツ」の名前は紛らわしくてよく聞き間違えるので、それぞれ呼び方を変えています。さらにママが「スットコランドストーリー」とか「スタートリック」とかのお話で、別の名前も付けたりするので、よけい混乱するのです。

P1010510.JPG 

 健康情報番組などで物忘れに効くという知識を仕入れても、しばらく経つと内容を覚えていないので、あまり役に立ちません。それより困るのはママの、都合の悪い事は全部忘れちゃう性格の方です。

P1010204.JPG


nice!(39)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

お留守番解放区 [ぶんぶんファミリー]

P1010430.JPG 

 お留守番をさせても寂しくないのが、多頭飼いの良さです。「ぶんぶんキャッツ」は寂しくないどころか、ママが居ないと何をしても大丈夫と思っているフシがあります。帰って来てドアを開けると、お出迎えではなく遊びの途中で通りかかったらしい猫が、「あれ!もう戻ったの?」という顔をしたりします。

P1000812.JPG

 何をやっていたのか家中を確認して回らなければなりません。年下の猫達に悪事を仕込む馬鹿者が居るのです。壊れている物、盗まれている物、汚れている所などを調べますが、別の不良行為もありそうですね。

 「ゴンゴンさんやめてー!!」

P1010428.JPG

  (あまり)異常が無ければ、外から持ち込んだ荷物の匂いを嗅がせます。犬や猫はより多くの匂いを嗅がせる程お利口になるのです。またパパやママが外出するのは狩りに行くのだと思っているので、まず戦利品を見せなければなりません。食べ物でなくても何か目新しいものを出せば、狩りが成功したと思うでしょう。ちょうど食事の時間ならすぐにゴハンをやります。狩りの上手な親だと尊敬されます。(毎日疲れて帰って何も出さない飼い主は、狩りがヘタなんだと同情されているハズです)

P1010174.JPG 

 ひとりでお留守番させているお家でも心配はいりません。元々イヌ科やネコ科の動物のほとんどは、赤ちゃんを残して何時間も狩りに出ます。子供だけでじっと待っていられる本能があるのです。ぶんぶん達のような「親の居ない間の乱痴気騒ぎ」もしないでしょうから、帰ったらお土産をやりましょう。いちいち何か買ってこなくても、ちょっぴりオヤツをやるとか、紙を丸めたものとか、あげられる物でいいんです。ご褒美があると分かれば、待ってるのが楽しみになりますからね。

P1010470.JPG 

 「ぶんぶんキャッツ」には紙袋の持ち手の紐を切り取り、何回か結んだ物を渡します。ボスのドンごろーのチェックが済んだら、すぐにまた大騒ぎが始まりますよ!!


nice!(35)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

快気祝いで脱力全開!! [ママ]

P1010487.JPG 

 復活しましたー。ご心配おかけしました。皆様ありがとうございます。

 挙動が怪しいままですが使えます。先輩諸氏のおっしゃる通り様子を見ていれば良かったようです。ちなみにソネット宛ての問い合わせメールには、翌日に「調べてるから待っとれ」(要約)との返事が来たきりです。

P1000162.JPG 

 この所ずっとPCの調子が悪かったので、こっちの問題だったらどうしようと焦りました。ママは「P・C・A・P」で「しり」の悪口を書いたせいで、復讐されたのではないかとビビったのです。

 PCに限らず家電や車などの機械は、こちらの言う事を理解しているのではないかと思える時があります。(買い替えようとしたら調子が良くなったりして)

P1000842.JPG 

 ママはPCのアップロード後に「アイフォト」がバッテン印で封鎖されて困っていました。

 新しく入った「写真」という愛想も何もない名前のアプリは、写真加工の種類が減っています。ママがコンデジのAIモード(フルオート)で撮っている写真はヘボすぎて、調整しないと使えません。慌てて(無料の)加工アプリを探し回って入れましたが、作業に時間が掛かるようになったのです。

P1010477.JPG 

 ある晩、面倒くさくてメゲてしまったママが「私のアイフォトを返してよ~~~」と涙ぐんでいると、あら不思議!! 次の日何故か封鎖が解除されていて「アイフォト」が使えるようになりました。 (これも不具合の一種??)

P1010491.JPG 

 何がなんだか分かりませんが、復活を機に今まで以上に頑張らず(!?)脱力全開モードで行こうと思います。これからも「ぶんぶんキャッツ」をよろしくお願いします。

 

 


nice!(50)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

たすけて~ !

記事入力画面が変化していて、フォントなどの変更バーが無くなっちゃってます。記事部分への写真取り込みも出来ません。過去記事も写真部分が意味不明言語に変わってるし、プレビュー画面は真っ白になってます。訳が分かりません(涙) システムメンテナンスなる者の呪いでしょぅか? どうしたらいいか分からないので、今日の記事更新を諦めます(涙涙) 
nice!(37)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぶんぶんハンティング [ブン]

img061.jpg 

 暖房が行き渡るのは狭い家の利点です。(負け惜しみ) ここ何日かの寒波にも、ヌクヌクとのんびりしてる「ぶんぶんキャッツ」です。みんな本当に甘やかされて育ってますね。

img058.jpg 

 昔パパとママと私(ブン)が暮らしてたのは、山奥(??)の広い家。周囲は自然が豊かだったので、よく色んな虫が入り込んで来ました。私が巨大な蜘蛛やムカデとじゃれてると、決まってママが大声をあげて、横取りしに来ました。見つからないで楽しめた時は、飽きてからママにあげました。へろへろになったゴキブリなんかを見せに行くと、いつもキャーキャー喜んでくれたものです。

img055.jpg 

 ママがくれたおもちゃは、遊び終わったらちゃんとお靴に入れておきました。ラーメンのスープ袋やミントチョコの包み紙は、冷蔵庫の下に収納していました。現役「ぶんぶんキャッツ」は、誰も何も片付けません。もらったおもちゃも片っ端から色んな隙間に入れてしまって、すぐに遊べなくなるのです。

img066.jpg 

 だいたい雄達は狩りがヘタです。ゴンゴンは1センチくらいの小さな蜘蛛でも、じっと様子を見るだけです。運動神経は抜群なのに、気が小さくて手が出せないのです。ガンちゃんは勢い余って空振りするタイプ。ドンごろーは鈍いのでやっぱりダメ。ギンさんが居た頃は、彼女がさっさと仕留めてました。狩りの名手だったのです。ネコ科の動物では、狩りが上手なのは雌の方です。おデン様は皆を押しのけて、ボンにゃんは小さくてもすばしっこくハンティングが出来ます。

P1000202.JPG

 ダンゴ君だけは、毎日真面目に狩りの練習をしています。猫砂などをぶっ飛ばしては追いかけて、腕を磨いているのです。充分に訓練をした後は、使用済みの砂つぶを、パパにプレゼントしてくれます。

P1010219.JPG

 

 


nice!(35)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ねんねこ攻防戦 [ぶんぶんファミリー]

P1000471.JPG 

 わざわざ蚊帳を吊って寝ている我が家では、キャットウォークを作るなどという恐ろしい計画は考えられません。高い所から顔めがけて猫が飛んで来る恐怖は、猫飼いの皆さんならお分かりになると思います。ママは額から血を流していたのに気付かず、宅配を受け取りに出た事があります。目の上にコブが出来ていた時もあり、どんな家庭だと思われたでしょう。

P1010158.JPG 

 寝る前には蚊帳の用意以外にも準備があります。まずゴンゴンにトイレをさせておかなければなりません、こいつは猫砂にとことん穴を掘りますが、全く埋めないのです。鼻が曲がる臭いで目を覚ましたくありません。

P1010409.JPG 

 ゴンはウ〇〇がしたくなると鳴き始めます。「オカ~ン オレしたくなっちゃったかも」「してもいいかなー」「ホントしたいんだってば」「あ~~もう出ちゃうよ」ママがいくら「早よせいっ!」と言っても家中をウロウロしながら鳴き続けて、なかなかしません。「ど~しよ~出るよ出るよ」「だから早くしなさいっ!」「オレも~ダメ⋯」ママがついにブチ切れて「いー加減にせいっ!!」と叫ぶ頃、やっとトイレに向かいます。ひと苦労です。

P1010152.JPG 

 ドンごろーをなるべく遠ざけておく必要もあります。ドンは大イビキをかいてうるさいのに、枕元で寝たがるのです。「あっちの方が広くてゆっくり眠れるよドン」「オラここで大丈夫だよ~。おっとうの寝顔見てるだよ」「ドンごろーおこたで寝たら? あったかいよー」「おっかあ優しいだな。オラ寒くねえし、おっかあの側に居るだよ~」なかなか離れようとしません。 

P1000996.JPG 

 やっとドンをよそにやって眠りについても、暗闇をブツブツ言いながら歩き回る奴や、UFOを呼ぶ奴(!?)がいて物音で目が覚めます。さらに夜中にトイレに行く場合は、廊下にいる猫を踏まないように気を付けなければなりません。青猫や黒猫は暗い所では見えないのに、足元にまとわりついて来るトラップなのです。

P1010208.JPG


nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

多頭飼い円満法 [ぶんぶんファミリー]

P1010074.JPG

「ぶんぶんキャッツ」は全員バラバラに我が家にやって来て、誰も血縁関係はありません。それでも一緒にゴハンを食べ、一緒に遊び、それぞれの寝床を共有して交替で使います。大人は小さい子を世話するし、誰かが困っているとゾロゾロ集まって来ます。

 雄達は毎日プロレスごっこで力関係を確認しますが、遊びの範疇です。今までに血が出るような怪我をしたのは一回だけで、大きな揉め事はありません

 ママは「多頭飼い必勝法」で選んだ成果だと自慢しますが、猫達にも聞いてみましょう。

P1010322.JPG

 ゴンゴン「やっぱオレが面倒見てやった連中だからさ~。みんないい子に育っただろー? オレって優秀なイクメンだな!」

P1010333.JPG

 ガンちゃん「私はシワワン星から友好大使としてやって来た者ですから、宇宙と地球の平和の為に精一杯努めております」

P1000546.JPG

 ドンごろー「オラは尊敬を集めるボスだんべ? オラの命令をちゃ~んと聞いてりゃ間違いねーだよ」

P1000797.JPG

 おデン様「モチロンわらわの卓越した統治能力によるものじゃ!」

P1000652.JPG

 ボンにゃん「お家が上手く行ってるのは、全部ととちゃまのおかげなのよっ!」

P1010212.JPG

 コバン「拙者が邪気払いに励み、良い気を招き入れておりますからな!」

P1010066.JPG

 ダンゴ君「ボス猫と女王様と旦那さんって、誰が一番エライんですか???」

 

 

 

 


nice!(40)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

P・C・A・P  (パソ・コン・アホ・ピーポー) [ママ]

P1010338.JPG 

  年初からPCの不具合に悩まされているママ。きっとダウンロードだかインストールなる者の仕業です。他の人のブログを見に行くと、何人もがPC不調に陥っています。PC達も正月休みが欲しくて、ストライキに入っているのでしょうか??

 P1010352.JPG

 ママは電気が通っている物は、全部生きていると思っているので、いちいち名前も付けて可愛がっています。それなのに時々アップデートなどという反乱行為があり、見慣れたアイコンの顔つき(?)が、変わってしまいます。「前の奴はどこに行ったのじゃー」と慌てても遅く、新参者は決まって使い勝手が悪くなっています。慣れている方を使い続けたくても、「ナンチャラに対応していません」とか「ホニャララを入れないと使えません」とか脅迫状(?)が届くのです。だいたいPC業界というのは、ネットに繋げなくて困っているのに「判らない時はHPを検索して下さい」だとか、一体どうしろと言うのでしょう。

P1000368.JPG 

 突然話しかけてくるようになった「しり」という女にも、ママは困惑しています。知らないうちに勝手に居着いてしまって「聞き取れませんでした」と声を上げます。人の話を盗み聞きしている上に、もう一度言えと命令するのです。カンジ悪いので追い出したいのですが、方法がわかりません。ネット上にはウインドーショッピングを後ろから密かに観察している営業マン(?)もいて、買わなかった商品を後からしつこく勧めます。キモいです。

P1010368.JPG 

 動物なら何でも大歓迎なママですが、PCに住み着いている連中にはお手上げです。


nice!(34)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

レッツ・ゴー「東映時代劇」 [パパ]

P1010309.JPG

  パパが子供の頃好きだった「東映時代劇」は、ツッコミどころ満載の楽しい映画ばかりです。洞窟に入るシーンと出てくるシーンで着物が替わっているなど、有名なエビソードはいっぱいありますが、ママのお気に入りは「旗本退屈男」です。話はどうでもよくて(!?)市川右太衛門さんの踊りを見たいのです。

 物語が佳境に入ると必ずと言っていいほど、広い屋敷の一角に、大きなハリボテの置かれた舞台が出て来ます。中に右太衛門さんが隠れているお約束なのです。華やかな音楽が始まりハリボテが割れると、中から現れた右太衛門さんが、太っといボディで軽やかなステップを踏みます。アメージングなダンスです。

P1010311.JPG

 ママは月形龍之介さんの、ビシッ!と腰の入ったカッコイイ殺陣にもシビれていましたが、真剣を使っていたと聞いてぶっ飛んでしまいました。品格のある立派なお方と思っていたのに、アブナイ爺さんだったのでしょうか? そういえば月形さんと笠智衆さんは、最初から年寄りでしたね(!?)

P1010325.JPG

 この頃の映画でお色気を振りまくのは、女優ではなく男優の役目です。立ち回りの時ガバッと脚を開いて、ふんどしをピラピラ見せてくれる決まり(!?)になっています。東映以外でも「ふんチラの王」市川雷蔵さん他そうそうたるスター達が「ふんどしピラピラ」を披露しています。昔は男のハダカに価値があったんですね。

P1000895.JPG

 ちなみにパパが見ていたのは「はやぶさ奉行」(遠山の金さん)ですが、ドンとバンが見ているのは「猫侍」ではありませんよ。(念の為)

 

 

 

 


nice!(32)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

バースデイ・ブルー [ママ]

P1010254_Fotor.jpg 

 昔々、三が日はすべての店が休業で、コンビニもまだ無く、お取り寄せも食品冷凍技術も発達していなかった時代。この時期が誕生日の子供達には大きな悩みがありました。

 冬休み中だし、それぞれの家ごとに帰省やいつもの予定があるので、お友達を呼んでお誕生会を開いもらうのは無理です。新年の恒例行事が進む中、おせち料理やお雑煮を食べ続け、バースデイ感というものが全く無いではありませんか。

P1010284_Fotor.jpg 

 ママが子供の頃の実家では、暮れから親戚が集まって年越しの宴会が始まり、そのまま新年会になだれ込んで飲んだくれた大人達は、2日の朝はなかなか起きて来ません。やっと誰か捕まえて「今日誕生日なんだけど⋯」と言うと「お年玉をやったばかりじゃないか」と言われたりしました。それでもプレゼントは貰えましたが、クリスマスと近いので「両方込みでいいだろ」などという絶対許せない提案もありました。

P1010263_Fotor.jpg 

 しかし問題は別にあります。ケーキです。お正月にはどうしても、ケーキが手に入らない時代だったのです。ママは大人になるまでバースデイケーキを食べた事がありません。パパがホテルのケーキ屋さんに頼んでおいて、当日受け取って来てくれたのが最初です。

P1010265_Fotor.jpg 

 何度か三が日生まれの人と知り合いになりましたが、みんな情けない誕生日の話で盛り上がりました。後になって思えば、華やいだ雰囲気のこの時期「おめでとう」を言い合う中での誕生日は悪くないものです。何より今はケーキが買えますからね。


nice!(46)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ハッピー・ミャウ・イヤー [ママ]

P1010247.JPG 

 穏やかな快晴の清々しい元旦の朝ママが最初に目にしたのは、トイレから大量に搔き出された砂と〇〇コロの山(⋯⋯)「新年早々運が付いて良いわ」などと気を取り直したものの、今度はお雑煮に入れる餅を黒焦げに⋯。さらに毎年かかさず続けていた綺麗に詰めた重箱の撮影を、すっかり忘れて中身を食べ切ってしまった(!!) ママはおせち料理があまり好きではないので、一日で食べきれる量しか用意していないのです。

P1010250.jpg 

 去年の暮れようやくブログのサイドにメンバー紹介欄を設置して(これだけの事に2ヶ月もかかった!)意気揚々と2017年に突入しようとしていたママは、すっかり出ばなを挫かれて、昔何度も見た映画をまったりと見続けるヤル気のない初日を過ごしました。すぐに内容を忘れてしまうので、時間を置けば何回でも同じ作品を楽しめるお得な性分なのです(見始めて15分も経ってから、やっとコレ見た!と気が付いたりします)

P1010248.jpg 

 猫達はもちろん「今年は頑張りましょう」などとは全然思わないので、いつも通りのアホンダラぶりを思う存分繰り広げ、ぶんぶん家の先行きが思いやられる一年が、またズルズルと始まったのでした。

P1010240.JPG

 #今年も「ぶんぶんキャッツ」をどうぞよろしくお願い致します。

 


nice!(33)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット