So-net無料ブログ作成
検索選択
前の30件 | -

ねこぐるみん・夏! [ぶんぶんファミリー]

いらっしゃいませ! 「猫ぐるみのぶんぶん屋」でございます。いつもご贔屓にしていただきまして、誠にありがとうございます。

P1020669_Fotor.jpg
 あららら! ご挨拶の方向性がおかしいですね。失礼いたしました。
 気を取り直して夏の新作をご覧いただけたらと思います。
 最初に扉を開けておく機会の多いこの季節の必需品「ドアストッパー」のご紹介です。"まずは長~くてぴったり"のタイプ。
P1020792.JPG
 "コンパクトで可愛いタイプ"もございます。
P1020884.JPG
 風を通すと困るのが紙類の飛び散りですが、皆さんのお宅にはこのような「ペーパーウェイト」がございますでしょうか?P1020925.JPG
 新聞紙をしっかり押さえて絶対に離さない"安定感抜群タイプ"は、えっ!?「迷惑なだけ!」それでしたら読みかけの本に挟んでおける"しおりタイプ"はいかがでしょう。 デザインもスタイリッシュでしょう?
P1020947.JPG
 さらに吹き込んで来る砂埃が気になる時の「フロアモップ」は"ふわふわで柔らかなタイプ"がございます。家中ピカピカになりますよ。
P1020952.JPG
 お掃除が終わったらブラッシングしていただければ、何度でもお使いになれます。
 そして今回もオススメの「ネコの開き」ですが"小さめでキャッキャッと鳴るタイプ"がこちら。
P1020648.JPG
 人気ナンバー1の"大きめでゴロゴロ鳴るタイプ"がこちらです。
P1010778.JPG
 また前回ご要望いただいたアソートタイプは、2種類ご用意いたしました。
 防犯対策にもなる"窓の見張り番セット"はゴン・ドン・ダンの3匹入り。室内側もちゃんと見張っています。
P1020713.JPG
 "玄関のお迎えセット"はゴン・ガン・ドン・バン・ダンの5匹入り。外から帰って来るとまずコバンがお清めをし、ガンちゃんがチェックを入れ、ゴンゴンがエブリバディウエルカムします。万が一怪しい者が入ってしまった場合でも、ドンごろーとダンゴ君が迎え討つので安全です。大変お得になっております。
P1020959.JPG
 今回も皆様からのたくさんのご注文をお待ちしています。本日もご来店いただきありがとうございました。
#前回の商品のご注文も受け付けています。合わせてご検討くださいませ。「ねこぐるみん!

nice!(59)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ムリ猫団子 [ぶんぶんファミリー]

P1010085.JPG.JPG

 今日のように突然雨が降って涼しくなると、短毛種の中でも特に薄毛のゴンとガンは、慌てて添い寝の相手を探します。その昔どうしても大好きなギンさんと寝たかったガンちゃんは、いつもお邪魔虫に迷惑していました。割り込んで来た奴を睨んでいますね。 

P1000254.JPG

 今はボンにゃんと寝たいガンちゃんが、またしてもお邪魔虫に悩まされています。二人でもぎゅうぎゅうのベッドに、迷惑者が無理やり乗っています。

P1000256.JPG

 下敷きになったボンにゃんが苦しそうなので、ガンちゃんの目がすわって来ました。

P1000258.JPG

 二人の冷たい視線をよそに、どこ吹く風のお邪魔虫は、さっさと寝てしまいます。いい根性です。この後怒った二人は出て行きました。

P1000045.JPG.JPG

 おデン様はゴンゴンが嫌いではありませんが、何しろ大きなお方なので、一緒に入るにはこのベッドは狭いようです。ゴンは下に潜り込めずに、掛け布団化しています。

P1010091.JPG

 おデン様を諦めたゴンゴンが、こいつはどうかと試してみると、いつの間にか誰よりも巨大化していたコバンが、窮屈なのを嫌がって逃げ出します。

P1020260.JPG

 せっかく広い所に寝直したのに、しつこいお邪魔虫が付いて来ました。コバンがまた逃げようとして暴れています。ゴンゴンはママに「いい加減にしなさいっ!」と怒鳴られてしまいました。

P1010880.JPG

「だってオレ薄着じゃん。 さみ~じゃん。さみち~じゃん」

 すっかりスネているゴンゴンなのです。

nice!(81)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

添い猫団子 [ぶんぶんファミリー]

P1010874.JPG

 猫は季節によって寝る場所を変えます。寒い時期寄り添っていた同士も、暑くなって来ると別々に眠ります。暑かったり寒かったりのこの時期は、毎日違う場所で、違う寝姿が見られるのです。

P1010093.JPG.JPG

 こういう暑苦しい猫団子は、夏には見られない光景です(オヤジ3匹でむさ苦しいったらありゃしない)

P1000158.JPG

 少し気温が高くなって来ると、このように伸び始めます(それぞれ隣のベッドにはみ出していますね)

P1000164.JPG

 一人でハウスからはみ出した場合はこのようになります(けっこう胴長のゴンゴン)

P1000077.JPG.JPG

 肌寒い日はおデン様の尻尾襟巻きに、くるまって寝ていたボンにゃん(どこがボンにゃんでどこがウサギのぬいぐるみでしょう?)

P1000266.JPG

 暖かい日は広いサッカー場でボールをキープしたまま寝ます(スポーツ少女なんですよ)

P1010581.JPG

 ダンゴ君はドンごろーが眠っている間の、見張りを命じられています(真面目に警戒していますね)

P1000247.JPG

 さらに気温が上がったら洗面器もいいかもしれません(それママが片付けちゃいますから)

P1020284.JPG

 仲良しべったりの寝姿が見られるのも、今のうちだけです。

nice!(71)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫切れ [ママ]

P1020758_Fotor.jpg

 猫飼いというのは家の猫はもちろんですが、他所の猫も野良猫もみんな可愛いと思うものです。自分の犬の犬種に興味が集中する犬飼いさんとは対照的に、どの種類でもブサイクでも、猫がみんな好きなのです。

m_IMG_0463.jpg

 外に出かけると茂みの中や建物の隙間など、猫の居そうな場所を覗き込む習慣が付いています。見つけるともうそれで嬉しくなり、映画などを見ていても、猫が出て来るだけで喜んでしまいます。

P1020319.JPG

 ゴールデンウィークには泊りがけでどこかへ行かれた方も多いでしょうが、猫飼いは旅行などでしばらく猫をさわれない日が続くと、猫切れの禁断症状が出るのです。観光地でも風光明媚なスポットでも、一応猫を探さないではいられません。

P1010102.JPG.JPG 

 ママは旅先でわざわざ猫カフェに行ったことがありますが、お客さんの中には猫飼いも多いでしょう。猫を飼えない人達だけの癒しの場なのではなく、家に猫が居ても別の猫を触りたいのです。これは"浮気"ではなくて、猫を見かけると引き寄せられる"ビョーキ"なのです。

P1010085.JPG.JPG

 ホテルの部屋に到着しても「ここに猫が居ればなぁ」と思ったりします。寝る前には「うちの子達」に電話して、声を聞きたくなってきます。

 お土産を選ぶ時でさえ、猫が描かれたラベルなどがあると、つい手に取ってしまうではありませんか。結局その土地の名物でも何でもない猫物も、買って帰ってしまいます。

P1020831_Fotor.jpg

 一度感染してしまうと、猫が切れないように補給し続けていなければならない、困った猫中毒なのです。

nice!(59)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

押入れ探検隊 [ぶんぶんファミリー]

P1020745.JPG

 ママが暑さに耐えかね、ついに猫達の猛反対を押し切ってこたつ布団を洗うと、ぶんぶん家も夏仕様になります(こたつ布団とオイルヒーターを収納しただけ) 実はこたつの電源は真冬でもあまり入れないのですが、こたつ布団は猫達の異常なまでの執着心によって、毎年4月いっぱいは守られているのです。

P1010012.JPG

 洗ったお布団をしまう時は、猫達の"お手伝い攻撃"との戦いです。布団袋に一緒に入ろうとする者・他の箱を物色する者・押入れの奥に探検に向かう者。特に押入れ探検隊は、一人引き摺り出されても、またすぐに別の者がチャレンジする繰り返しで、ママ一人で猫達の旺盛な探究心に、対抗するのは大変です。(物を)しまうのと(猫を)出すので、2倍の手間がかかります。

P1020753.JPG

 やっと終わったと思っても、必ず点呼をして確認しなければなりません。大抵は押入れの奥深くで、息を潜めて隠れている奴が居るのです。いい加減な点呼から2時間も経過してから、他の猫達の"指摘"で馬鹿者の存在に気付きます。

P1010075.JPG

 何故閉じ込められると分かっていて、居座るのでしょう?

P1020762.JPG

 毎朝のお布団たたみでも、積み上げた布団のてっぺんで、王様気分の昼寝を楽しもうとする輩がいるのです。だいたい週に3回は、誰かを閉じ込めているママなのです。

P1020732.JPG

nice!(52)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ボンにゃんはご機嫌ななめ [ボン]

P1010526.JPG

 休日も祝日も関係ない我が家ですが、この連休にはパパの4泊の出張がありました。パパがいないと、いつもパパにべったりなボンにゃんは、がっかりしてしまいます。自分だけ蚊帳の中に入れてもらって、パパの上で寝たりもできません。それでなくてもボンにゃんは、最近機嫌が悪いのです。

P1000170.JPG

「だってガンちゃんもゴンゴンも、アタチを子猫扱いするのよ」

「アタチはもうとっくに大人なのっ! 添い寝なんてしてくれなくていいのっ!」

P1000092.JPG.JPG

「ゴンゴンなんかひどいんだからっ! アタチはバレリーナになれないって言うの」

「ボンみたいな頭でっかちで手足の短い踊り子がいるかよ!ですって」

「でもアタチ運動神経はいいのよ。手足の長い子に負けてないわっ!!」

P1000262.JPG

「アタチと同じ年の生まれなのに、お姉ちゃんはちゃんとレディ扱いされてるんだもの。なんでよっ?」

「ちっちゃいからってバカにしないでっ!」

P1020468.JPG

「アタチ玄関でととちゃまが帰ってくるの待ってるんだから」

「ここに居れば真っ先にととちゃまが帰ったのわかるでしょ?」

P1020662.JPG

 ずっと怒っていたボンにゃんですが、パパの足音を聞きつけたら機嫌が直ったみたいです。

 ほ~ら笑顔になりましたよ!

P1010966.JPG 

nice!(61)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

女王様は上機嫌 [デン]

P1020406.JPG

 朝早くからおデン様はご機嫌上々で「えい! えーいっ!!」(中に入れるのじゃ!) と大声を出し、パパに蚊帳をめくらせます。のしのしパパを踏み越えたら、ママにコニョコニョしてもらい、いつになく丹念にご褒美の顔舐めをします。ジャリジャリ顔中を舐めまくられ、ママはすっかり目が覚めてしまいました。「ありがとーね。もー充分だからね」「遠慮しなくても良いのじゃ」「もうホントにいいからね」ママに引き剥がされたおデン様は、ちょっと不満そうに、またのしのしとパパを踏み越えて、蚊帳から出てお行きになりました。何度も踏まれてパパも眠れません。

P1010550.JPG

 昼間はママの使っていた色鉛筆にまとわり付き、カジカジしたり芯を折ったりして元気に遊びます。困ってしまったママは削りくずを渡しました。しばらくの間それで一人楽しく遊んでいたおデン様は、ダンゴ君が見に来て羨ましそうにしていると、鼻と鼻を合わせて「お前にやろう」とおっしゃいます。

P1020689.JPG

 ダンゴ君は天にも昇る心地です。誰にも取られないように、一日中片時も離さず削りくずを持ち歩き、おデン様にいただいたシアワセを噛み締めていました。

P1020672.JPG


P1020677.JPG

 お昼寝から目覚めると、いつもなら怖い夢を見たといって大泣きするおデン様ですが、今日は何か面白い夢だったようで「乳母! 乳母っ! あのなっ⋯」長いことママを追いかけて話し続けていました。

P1020687.JPG

 

P1010959.JPG

おデン様のご機嫌麗しい日には、雄達もみんな嬉しそうなのです。

nice!(49)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

駅でぐるぐる [ママ]

P1020309.JPG

 ママは方向音痴ではありません。ちゃんと目的地にたどり着けなかった経験は(ほとんど)ないです。しかし案内板を見ていて、上下が進む方向と揃っていないと、頭の中で回転して考えるのが難しいのです。首を曲げたりして、倒れそうになりながら確認します。

P1020310.JPG

 全ての道が碁盤の目状にまっすぐなら、迷う人はいないでしょう。ですが放射状に斜めだったりすると、ママは角を曲がるたびに進んでいる方角が分からなくなってきます。スマホの地図を示されても、混乱してどっちがどっちだか理解できません。今までよくちゃんと家に帰ってこられたものです。

P1020304.JPG

 特に要注意なのは地下鉄で、出口を確かめて行かないと、いきなり外国にワープしたみたいに「ここはどこ? 私はだれ?」の状態になります(私が誰かはわかると思うんだけど) 確かめて出たはずの上り口でも、階段の向きが行きたい方と逆だと、もう訳が分からなくなっています(振り向けばいいだけなんですけどねー)

P1020302.JPG

 東京や新宿などの巨大駅も困ります。どこかに行く前に、そもそも駅を出られないではありませんか。いったいどれだけ大勢の人が、この駅の中でぐるぐる迷っていることでしょう(ママだけかも) きっと駅を閉める前には、毎日遭難者の救出が行われているのでしょう。大変ですね。

P1020311.JPG

「かかちゃま どこに行ってんのよ。早く帰ってらっしゃい!」

P1020299.JPG

nice!(60)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ダンゴ君ダンシング [ダン]

ダンゴ君を同じ場所で撮った写真を並べて見たら、踊っていました!!

(連写ではなく何回か別の時に撮ったものを繋いでいます)

ゴキゲンなダンスをご覧下さい。(10秒)


nice!(57)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ニャンコはいいのだ! [ママ]

img050.jpg

 ママが子供時代の家には柴犬や鯉がいて、ママ自身は金魚・インコ・ハムスターなど色々な動物を飼って来ました。最初の仔猫は40年以上前に道で拾い、連れ帰る途中で逃げられたのですが、2日後に何故か家の前に座っていました。以来自分で飼ったのは10匹で、それ以外に母の所や祖母の家の猫合わせて10匹程とも、同居していた時期が別々にあり、散歩途中に仲良くなったノラも20匹以上います。色々な子を見て思うのは、猫はみんな全然違うという事実です。

img070.jpg

 母が飼っていたある猫は、狩り上手で鳩などを採って来ましたが、ある日どこからか焼きたてのサンマを咥えて来たのには困りました。しかし近所の人には「この子が来てくれるおかげでネズミが居なくなりました」と感謝されたりもしたのです。

img067.jpg

 祖母の家にいた大きな雄猫は、すぐ前の港に停泊していたヨットから、2匹の雌を誘って連れて来ました。ヨットの人は、猫が居なくなったと気付いたのかどうか分かりませんが、数日後に出航してしまい、残された猫達はずっと祖母の家で暮らしました。この雌達は食事の時間になると、友達のノラも呼んで来てみんなで一緒に食べていました。

P1020201.JPG

 猫というのは可愛がってあげても出て行ってしまう場合があり、逆に呼んでもいないのに勝手に住み着いてしまう子がいます。複数の家に通ってゴハンをもらう奴がいると思えば、絶対に人に懐かない者もいます。

P1020200.JPG

 ぶんぶんキャッツも、みんなそれぞれにおバカで困り者ですが、猫はそれで良いのです。

P1020473.JPG


nice!(57)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ぶんぶんヘアカタログ [ぶんぶんファミリー]

img088.jpg

「勝手に髪にメッシュ入れちゃって、アタチは真っ白が好きなのよ」

img089.jpg

「盛り髪じゃと? ゴンゴンがケバいと笑っておるではないかっ!」

img102.jpg

「ハッハハ⋯ってオレ人のこと笑えねーな」

「売れないパンクロッカーかよっ!!」

img091.jpg

「私のこれは何ですか? ザビエルヘア? 」「地球の流行なんですか?」

img097.jpg

 ドンごろーはノリノリです。

「オラって何着ても似合うな~。イェイッ!」

img099.jpg

「僕は不良じゃないですよ。真面目なんです」

「ドンごろーさんみたいなカラフルな服も着てみたいんですけどー」

img094.jpg

 コバンはカツラに気付きません。「どうかしたのでござるか?」

 どうもしませんよ。そのまま寝てて下さいっ。


nice!(61)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

春の怪談・窓の中 [ホラー]

P1020494.JPG

 暖かくなり窓を開け始めると、7・8年前の夜に見た光景を思い出します。あるビルの照明の消えたオフィスの窓に、白くぼうっと人型が浮かび上がっていました。マネキンかもしれないとは思いましたが、気になって双眼鏡を持って来ると、全身真っ白に光る人間にしか見えません。それから何度も確認すると、夜中の3時までは動かずそこにありました。やっぱりあれは人形で、誰かが邪魔だからどかしたのだろうと納得することにしましたが、その会社は2ヶ月後に出て行き、次に入った会社も1年経たずに出てしまいました。関係ないのでしょうけどね。

P1020502.JPG

 昔近所に知人がいました。安く借りられたと喜んでいた部屋は、細い道路を挟んで隣の建物が建っており、採光が良くありません。帰りが遅いので気にしなかったのです。ある朝ジャケットのボタンが取れ、慌てて付けて出て行った彼女は、帰ってからカーテンの開けっ放しに気づきました。閉めようとして隣のビルを見ると、部屋の中に緑色のソファーに横たわる男が居て、顔だけこちらに向けています。急いで閉めたのですが、ソファーに見覚えがある気がしました。ある晩煙草を吸う友人が訪ねて来た後、換気の為開けていた窓を閉じようとして、またあの男を見たのです。同じ格好で彼女を凝視していました。ギョッとしたその時、不意に隣のビルに明かりが点き、そこがオフィスだったと分かりました。何かを取りに来たらしい人が、すぐに明かりを消すと、隣の窓に自分の部屋が映り込みます。自分の後ろにソファーがあり男が寝ていました。彼女はすぐに部屋を逃げ出し、引っ越すまで決して一人では戻りませんでした。

P1020525.JPG

 あのソファーは部屋の内覧に来た時見たものでした。業者の人が「前の住人が突然出て行ってしまって、家具がそのままなんですけど、今週中には片付けますから」と言っていたのも思い出したのです。

 彼女はもうこの街には住みたくないそうです。

P1020529.JPG 

#文章と写真に関係はありません。


nice!(61)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

工事現場でびっくり! [ママ]

P1020328.JPG

 帝国軍のトルーパーは、退役すると工事現場でライトセーバーを振って、交通整理のアルバイトをします。東京湾岸はオリンピックに向けての建設ラッシュで、仕事には事欠きません。

P1010661.JPG

 しばらく行かなかった所には、突如として巨大建造物が出現していたりします。ママによると、まず建物をハメる穴を掘って固め、組み上がっているビルをへリで吊って運んで来て、ズボッと入れて出来上がりだそうです。

P1020499.JPG

 その場所に以前何があったのかは思い出せなくなります。都心は何もかもがどんどん入れ替わってしまって、昔住んでいた街でさえ10年ぶりくらいに立ち寄れば、火星に降り立った人の気分が味わえます。(たとえが大げさだと思う)

P1010672.JPG

「トラック通りまぁ~っス!」「どいて下さ~いッ!」

P1020477.JPG

 穴があると覗きたくなる性分のママは、通り掛かりの工事現場に人が居ないのをいいことに近づいて見下ろしてみたところ、中で食事中のオジサン達と目が合いました(!!) それ以来工事中の穴には近寄りません。(当たり前です! 勝手に立ち入らないで下さい)

P1020329.JPG

 準工業地帯の猫浦では夜中でも年中工事が行われており、猫達も音に慣れているので気にしませんが、たまに「ガラガラガッシャァァァーン!!!」というような地響きが聞こえて来てビックリします。

 ビルが崩れた訳じゃないですよね?

img086.jpg


nice!(56)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

漫画編集者の脚本教室・キャラ立て篇 [パパ]

P1010796.JPG

 今回はそれぞれのキャラクターに合わせてお話しを考える練習です。早速ゴンゴンが来て待っていますね。「オレのどんなやつ? 早く見せてっ」

「アブラ屋のロレンス」

img074.jpg

「これ英雄なの~? どうせ悪役だろー」と言いながらも、主役でありさえすればゴンはまんざらでもない様子です。

「2001円宇宙の足袋」

img078.jpg

「何か変じゃありませんか? 2001円ていう値段もビミョーだし、訳がわかりませんよ。皆さんも格安ツアーには気をつけて下さいね」ガンちゃんの言う通りです。

「赤毛のドン」

img072.jpg

「オラかあいい? 似合ってる? オラこの服好きだよ!」ドンごろーは結構気に入ったようです。

「Lサイズの薔薇」

img079.jpg

「わらわが太っているという意味かっ!」違いますただ大きいと⋯「無礼者っ!!」おデン様は怒って行ってしまわれました。お似合いなのに。

「鏡割り人形」

img080.jpg

「何よっ!コレッ!!」あなたが真っ白でお餅みたいだから「かかちゃまのバカッ!!!」ボンにゃんは完全に拒否しました。

「八つ馬鹿村」

img081.jpg

「拙者はバカではござらんっ! ううっ⋯」またコバンを泣かせてしまいました。

「忍者無芸帳」

img087.jpg

「僕無芸じゃありません。隠れ身の術が使えるんです!」アンタのは術を身につけたんじゃなくて、生まれつきの毛色でしょう?

P1010860.JPG

 ドンごろーだけはやる気満々です。

「おっかあオラやる! 赤毛のドンやるーーっ!!」 

 

 #脚本教室第一回はこちら「漫画編集者の脚本教室


nice!(54)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

キャットニップで全員集合! [ぶんぶんファミリー]

 「ぶんぶんキャッツ」が全員映る珍しい動画が撮れました。キャットニップボールを取り囲んでいます。怖いもの知らずのボンにゃんがボス猫のドンごろーをブチブチし、俺の方が上と思っているゴンゴンがちょっかいを出します。ドンの子分のコバンとダンゴ君・平和主義のガンちゃんは遠慮がちに見ていますね。のんびりしているおデン様は、後からゆっくりやって来て匂いを嗅ぎますが、ドンに追い払われることはありませんよ。(1分23秒・ダンゴ君のスコ立ちも見られます)

#ゲーム・オブ・スローンズの曲は、この時たまたま流していた2CELLOSのCDです

 
nice!(45)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スタートリック辺境篇 [ガン]

P1010885.JPG

〇前回までのあらすじ (常連の読者さんはもう驚かないですよね?) 

 シワワン星ガンザニア王国の96番目の王子"シャブリ・ペロン・グフフ・ベローチェ"は、学問・武道共に歴代王子の中で最高の成績を修め、伝説の英雄"ガンザー"の再来と呼ばれていた。しかし宇宙の平和を案ずる父王は、王子達を次々大使として他星に送り、グフフを次期王の候補として王宮に残す嘆願を認めなかった。さらにグフフの赴任先として選ばれたのは、天の川銀河の最果ての星「地球」だった。その未開の地では、着陸誘導システムが何者かに破壊されており、墜落事故によりグフフは侍従と離れ離れになる。

〇登場人物紹介

 ガンザニア王ガルル「すべての王子は宇宙の平和に尽くさねばならぬ。例外は認められん!」 

P1020066.JPG

 王妃ウルル「でもあの子はまだ幼いのですよっ!」

P1020428.JPG

  実権を握る第3王子グルル「王家の安泰の為には、たとえ子供といえども、反乱分子となり得る者を置いてはおけません」

P1000584.JPG

 兄に反感を持つ第21王子ブルル「王宮は魑魅魍魎だらけなのさ」 

P1010334.JPG

 王子達の指南役の第4王女パルル「グフフはここに残すより、遠方に行かせた方が安全なのです」

P1010195.JPG

 〇第80話(ご存知とは思いますが、あと79話は探しても見つかりません)

 森の中をさまよったグフフは山賊に取り囲まれるが、その首領クス・ネルダスはお前は自分の子供とそっくりだと言う。

P1010051.JPG

「これでも俺は男爵と呼ばれていた男なのさ。盗癖がたたって城を追い出されたが、息子のタバは女王の信頼が厚く、伯爵の位を授かったんだ。今では諸侯会議の議長だぜ」「あんた困っているならタバの所に案内してやるよ」

P1020451.JPG

「かたじけない。私はどうしてもこの星の王にお会いして、和平協定を結ばねばならないのです」「そのタバ様がお仕えしているのが、この星の女王様なのですね」

「コノホシっちゅう土地は知らんが、スットコランドの女王だよ。デニース様に聞けば何か分かるさ」

 クスと共に森を抜けて城に向かったグフフは、悲鳴を聞きつけ若い女性を救った。

P1000251.JPG

「お嬢さんご無事ですか?」「ネルダス様!? アタチは大丈夫だけど女王陛下が心配よっ!」「城に急ぎましょう!」

 つづく⋯

 #女王デニースとネルダス伯については、こちらをどうぞ「スットコランドストーリー第67話


nice!(52)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

かわゆい子が好きっ! [ママ]

P1020423.JPG

 アンドレ・ザ・ジャイアントが大好きだったママ。最近のレスラーは見た目がフツーの"にーちゃん"ばかりで気に入りません。アブナイ奴かムチャクチャなオッサンでないとイヤなのです。好きな俳優を聞かれたら「超人ハルクの人」(TV版)と答えていたくらいです。博士役の人じゃなくて緑色の方です。映画俳優ならキングコング。主演のジェフ・ブリッジス(1976年版)はどうでもよくてゴリラの方です。ママは76年版のビデオを、少なくとも20回くらいは見ていたんじゃないでしょうか。2005年版DVDも持っています。当然「髑髏島の巨神」も見に行って、映画の完成度はともかくコングさえ出ていればゴキゲンです。

P1020422.JPG

 ママのお気に入りフィギュア「ビッグフットのベン」と「ゾンビのジミー」ゾンビはパパのシアトル土産です。ゾンビ柄のソックスも買って来てママにものすごく喜ばれていました。(シアトルはゾンビゆかりの街です)

P1000715.JPG.JPG

 ママは子猫を選ぶ時も「多頭飼い必勝法」をクリアしたら、あとは見た目で決めました。基準は「根性の入った顔」です。憎々しい面構えの猫を飼いたかったのです。

P1010181.JPG.JPG

 ふてぶてしい子猫だったので気に入られたドンごろー。

 大人になったらカワユクなってしまったと、ママはがっかりしています。

P1010845.JPG

 豪胆な態度がウケてやって来たコバン。

P1000282.JPG

 やっぱりカワユクなったのではないかと、ママに心配されています。

P1020339.JPG

 目付きの悪さが絶賛されたダンゴ君。

P1010561.JPG

「アンタまでカワユクなってどーする!」とママに怒られてしまっています。

P1020335.JPG

 この話を聞くとパパはどんな人なのか気になるかもしれません。大丈夫です。パパはいたってマトモな"おぢさん"です。性格の良さで選ばれたそうです。あとせめて頭がハゲていればサイコーなのにと、ママは言っています。   


nice!(52)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

映画館でびっくり! [ママ]

P1020275.JPG

 ママが時々行く「とーほーシネマ」では、上映前に非常口の案内が映されますが、これがすごく短時間なので自分のいる場所を確認する前に切り替わってしまいます(客を避難させない気なのねっ?) 「ぷりんすシネマ」に至っては「非常口のご案内」そのものがありません(やっばり客を逃さない気だわっ!)「マナーの呼びかけ」や「映画泥棒」は長々とやるのに何なんでしょう。自分で確かめておきましょうね。

P1020271.JPG

 だいたい「上映中はお静かに」と言う一方で、ガサゴソうるさいポップコーンを強くオススメするのも解せません。「 持ち込みするな」も映画館側の利益確保の為なのでしょう。しかし客の中にはツワモノがいます。ママが以前見に行ったSF大作では、隣の席のオヤジが、鞄からタッパーに入ったオツマミとカップ酒を取り出しました。楽しみ方を心得ています。

P1020298.JPG

「前の列の方っ! 立ち上がらないで下さーいっ!」

P1000896.JPG

 ママが今までで一番びっくりしたのはジョージ・A・ロメロ監督の「死霊のえじき」です。ホラーは年々刺激が過剰になっているので、若い人はこの作品を見てもそんなに怖くはないでしょう。ママも恐怖で驚いた訳ではありません。隣に座っていたお兄ちゃんが、上映開始して割とすぐの「手がいっぱい出てくるシーン」で椅子から飛び上がったのです!!

P1020034.JPG

 比喩的表現ではなく、彼は本当に飛び上がりました。すぐに気を取り直して腰掛けたものの、ショッキングなシーンが来る度にヒクッ!と痙攣するのが分かります。映画終了後に見ると青ざめてグッタリしていました。この時は他にも途中で逃げ出した(!)観客が数人いて、怖がりな人たちにホラー映画を見せる実験でもやっていたんでしょうか!?

P1020237.jpg

 苦手な人は無理してホラーを見るのはやめましょう。本当に寿命が縮みますよ! (ママも猫に見せるのはヤメテねっ)

P1010838.JPG


nice!(53)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ママだったんだねっ!? [ぶんぶんファミリー]

P1010217.JPG.JPG

 多頭飼いでは後から来た子が、飼い主よりも先住猫になつく場合があります。我が家では幼児の時に相次いでやって来たゴンとガンがママにべったりで、この二匹より年上で来たギンさんを除き、みんな最初はゴンかガンになつきます。ゴンゴンは小さい子をとても可愛がるし、ガンちゃんは優しいからです。

P1000051.JPG.JPG

 うちに来た子猫は、しばらくの間ママを給食のおばさんとしか思っていません(!) 撫でてあげようとしても「アンタだれっ!?」という顔で見上げたりします。遊んでくれる先住猫にしか関心が無いのです。そして眠くなったら一緒に寝てもらいます。これでは黙々とゴハンの準備をしたり、トイレの掃除をし続けているママに、注意が向かなくても無理もありません。

P1000095.JPG.JPG

 ところがそのまま行くのではなく、何故かみんな大人になった頃から猛烈にママになつき始めます。理由もきっかけも不明ですが、ある日突然「ママ居たんだねっ! 僕のママなんだねっ!!」と20年ぶりに再会した親子(!?)のように抱きついて来たりします(意味わからん)「最初からママなんだけど~」と言ってみても「ママッ! ママァァァッ!!」と今までの疎遠(?)を取り返そうとするかのような濃厚な親密ぶりを示すのです。

P1010925.JPG

「お前達バッカじゃね?」とママは言ってますが、ママが大人猫に育児を任せっきりにしているせいだと思いませんか?

P1000314.JPG

 ダメですよね~。


nice!(54)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

噛み猫矯正術 [ぶんぶん的猫の飼い方]

 P1000434.JPG

 見るとモフりたくなるドンごろーのお腹ですが、実は子猫の頃は触れませんでした。今のユル~イ姿からは想像できない噛みつき魔だったのです。とにかくよく噛み付く子で、人間が困るだけでなく他の猫にも避けられていました。

P1020230.JPG

 対処法としては噛み付く度に猫を置き去りにして、さっさとその場を去ります。足にまとわりついていても振り切って立ち去り、しばらくは相手をしません。これを徹底して繰り返します(家族全員がやらないとダメです)

P1020235.JPG

 ワンちゃんのようにクリッカー訓練をする方法もあります。噛んでいる猫が口を離した瞬間に、クリッカーを鳴らしてオヤツをあげます。噛むのを止めると褒めてくれると判らせるのです(多頭飼いだと一匹だけ分離して教えるのが難しいです)  どちらの方法も頭のいい子なら数週間で、ドンごろーの場合は一年以上かかりましたが、ママがしつこく教えました。

P1010553.JPG

 だいたい躾の上手く行かない飼い主というのは、優しい人です。この場合は小さな子が遊んで欲しくて甘えているだけなのに、構ってやらないのが可哀想です。ママのような非情な女(!)でないと無理だと思うでしょう。でも噛まなくなるとスキンシップが思いっきり出来るし「ドンごろー危機一髪」のような事態でも(異物誤飲)すぐに口を開けて確認出来るのです。おかげで今はドンのお腹だって、モフりたい放題ですよ(モフリンチョしてみたいでしょ?)

P1020222.JPG

 ママはガンちゃんに薬をやろうとして噛まれ、手のひらに穴があいた(!)事があるし、ゴンゴンに至っては、毎日身体中をバリバリ(!)にしまくってくれました。

P1020254.JPG

 どっちも頭の良い子なので訓練は簡単でしたが、皆を噛みまくって孤立したコバンのケースでは、ママが教えるだけでなく、ダンゴ君を投入してお友達との付き合い方を覚えてもらいました。

P1020250.JPG

 あえてお腹や足など全身を触りまくり、口の中にも指を突っ込みアグアグさせて慣れさせます。毎日これをやり続け、噛まないように教えたら、あなたの猫も「猫ぐるみん」です。

P1020241.JPG

 うちではどの猫でもオーケーですよ。モフモフしましょ。モフりましょ!

P1020242.JPG 


nice!(57)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ダンゴ君は2度死ぬ [ダン]

P1010801.JPG

「ダンゴ! ダンゴはどこじゃ!」

「相変わらず呼んでも来ない奴じゃっ!」(女王様の憂鬱)

 ダンゴ君はおデン様の声で「はっ!」と目を覚ましました。

P1020107.jpg

 そして信じられない場面を見たのです。

P1010998.JPG

 「おデン様とコバンが⋯ちゅ⋯!?」

P1010869.JPG

「え⋯!!!!!!!!」

P1020029.JPG

「そうかっ! 耳折れ同士は結婚出来ない。だからおデン様は僕を諦めようと⋯」「つらい決断をなさったんだなぁ」「だったら僕もおデン様を諦めて他の人を⋯?」「でもうちにはあとはボンにゃんさんしか居ない」「それなのに彼女は僕を嫌ってる⋯」

P1020157.JPG

「僕を完全に無視するし、追いかけると怒るし⋯」

 ダンゴ君がブツブツ言い続けているとゴンゴンが声を掛けました。

「バーカ! 」「耳折れと短足も結婚出来ないんだぜ~!」

P1010087.JPG

 ダンゴ君は固まってしまいました。

「え~? 何て言ったの~? 僕聞こえなーい! 僕知らないも~ん」

P1010835.JPG

「僕一生結婚出来ないなんてこと無いよね~ 」

 目付きがおかしくなっています。

#「女王陛下のダンゴ君」「ダンゴ君大作戦」もお読みになると、ナルホド納得。オススメです!

 


nice!(60)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

陰陽師また昇進? [バン]

P1010794.JPG

  コバンはおデン様の声で目を覚ましました。

「ダンゴ! ダンゴはどこじゃ!」

「相変わらず呼んでも来ない奴じゃっ!」(女王様の憂鬱)

「ダンゴは夜回りと下足番で疲れ切って寝ております。拙者でよろしければ御用を伺いまする」

P1010871.JPG

「乳母がわらわの鼻に毛玉取りジェルを塗りおっての。自分で舐めても取りきれないのじゃ」

「では拙者がお手伝い致しましょう。ペロペロペロ⋯」

P1010869.JPG

「お前の悪霊払いは効かぬがな(ホラーマニアは嫌われる)少しはわらわの役に立つのじゃぞ」

「ですが拙者は奥方様からオーバッカの称号を授かったのでござりますよ」

「はぁ⋯?」

 P1020178.JPG

「今までオーバッカだったドンごろー殿はチューバッカに格下げ出そうで」

 「あぁ⋯それは⋯なぁ⋯」

P1000954.JPG

「バーカ! 」ゴンゴンが言いました。

「それはお前が大バカ者だって意味なんだよっ! ドンごろー以上のなっ!!」

P1010087.JPG

「ううぅ⋯そんな⋯拙者は馬鹿ではござらぬっ⋯」

P1020098.JPG

「まぁ⋯まだ若いのだし、修行に励めば大丈夫であろう」

P1010025.JPG

 おデン様が慰めますがコバンは泣きやみません。

「うっ⋯ひっく⋯ぐずっ⋯拙者は皆に馬鹿にされておったのか」 

P1020090.JPG

 泣き疲れてフテくされたコバンは、すっかりブサ顔になってしまいました。 


nice!(54)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

MANGATRIX [パパ]

P1020083.JPG

 定年退職してからママに「猫本退屈男」などと言われていたパパですが、暇にしていた訳ではありません。委託された色々な仕事や、自分の会社設立準備をしていました。1月末にやっと「MANGATRIX」という出版社を立ち上げ、第1弾の作品を準備中です。上の写真はホームページのキャラとして「小嶋伸さん」に描いていただいた「まんぷくさん」のピンズ。小嶋さんから贈っていただいたものですが、ピンズマニアのママが速攻奪取して行きました。レア物で猫ならママが見逃すはずないです。

IMG_0094.jpg
 

  パパは集英社でヤングジャンプの創刊スタッフから、ベアーズクラブやビジネスジャンプ・ヤングジャンプの副編集長を経て、ウルトラジャンブの創刊編集長を務めました。オタクに強い編集者と言われていますが、本人は全然オタクじゃないので困っています。

IMG_0093.jpg
 

  2枚目と3枚目は、パパが出張で行った上海で撮った写真。ママが喜ぶので、仕事で行く先々で猫を撮って来るのです。

img071.jpg
 

  「谷中ギャラリー猫町」で3月20日まで「小嶋伸・サチコ2人展」が開かれています。(13~15休・木、金、土、日と祝日11~18時開廊・最終日16時まで)

 陽気も良くなって来たので、皆さんも気分転換に猫を撮りがてら、お散歩などはいかがでしょう。

 

 


nice!(60)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ズリまくり! [ゴン]

 ゴンゴンはハーブ系の匂いが大好きです。ロゴナのマウスウォッシュを使った後の、歯磨きコップをベロベロ舐めまくります。うっかり忘れて、そのまま又使わないように注意しないと、ゴンのヨダレだらけです。さらに目がないのがママの髪染めの匂いです。ヘナとインディゴなどを混ぜたものですが、染めた日はズリまくって鼻水をつけ、ど汚ないのでたまりません。引き剥がさない限りいつまでもやっています。(30秒)

 
nice!(48)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ギャン泣き! [ゴン]

P1010503.JPG

 ママはゴンゴンが悲鳴を上げていても、いちいち見に行きません。どうせドンごろーをからかって噛まれたに違いありません。いつもの日課みたいなものだし、自業自得のバカタレなので放っときます。ところがこの日はガンちゃんが呼びに来たので、これは何かあると思いました。ガンちゃんは猫の手に負えない場合にママを探すのです。

P1010889.JPG

 書斎ではゴンがギャン泣きするのを、皆が取り囲んでオロオロしています。ヘタリ込んでいるゴンを見ると、後足に洗濯バサミが挟まっていました。ゴンゴンはいつも洗濯バサミを盗んで遊んでいます。室内物干しの上も綱渡りのように歩いて取って行きます。洗濯物が落ちるしガチャガチャうるさいし、ママが怒ると「ごめんなちゃ~い」「ごめんなちゃいね~」と謝りながらやめません。

P1010898.JPG

 それにしても何をするとこのようなアホンダラな事態になるのでしょう? 自分でかじりついて遊んでいたら、バチッ! と飛んで挟まったのでしょうか。ガッチリと足にくい込んでいた洗濯バサミを取ってやると、ゴンは恥ずかしそうにそそくさと逃げて行き、見守り部隊も解散しました。

 ドンごろーはゴンを倒した相手を素早くくわえて持ち去り「オラのもんだ」と宣言します。ゴンを泣かせたのが余程気に入ったみたいですね。

P1010912.JPG

 あれ以来ゴンゴンは洗濯バサミに手を出しません。「こいつは噛み付く!」と分かったのでしょう。悪事のネタがひとつ減って良かったですが、どうせまた別のイタズラを考えつくに決まっていますよ。

P1010237.JPG


nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

仲良しヨシヨシ [ぶんぶんファミリー]

P1010017.JPG.JPG

 ガンちゃんはみんなと仲良くします。

 誰にでも同じように優しく接しますが、あんまり報われてないような⋯

P1010047.JPG.JPG

 ゴンはガンちゃんが眠っているところに、構わず入って寝ちゃいますが⋯

P1010006.JPG.JPG

 ガンちゃんが一緒に寝たがっても入れてくれません。

P1010829.JPG

 情けないですが、どんなに意地悪されても、幼児期からの親友なので我慢します。

 中年になっても子猫時代と同じくべったりな二人。

P1010209.JPG.JPG

 おデンとボンにゃんは、仲がいいんだか⋯

P1000117.JPG

 悪いんだか⋯

P1000112.JPG.JPG

 これこれっ!お姉ちゃんをかじらないの!

P1000323.JPG

 こっちの二人は小さい頃から適度な距離感。

P1010514.JPG

 青年期に入っても、まだまだワルガキ仲間の気分。

P1010167.JPG

 オヤジコンビは、結局また無理やり一緒に眠るんですね。このベッドはもうお前達には狭いと思うんだけど~。

 

 


nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

アンヨちゅばちゅば [ゴン]

 猫の日の「おててチュウチュウ」が意外と好評だったので、ゴンゴンの「アンヨちゅばちゅば」も撮ってみました。自分の肉球を吸っていますが、何故かママに抱っこしてもらわないとやりません。後ろの椅子でグルーミングしているのはボンにゃん。途中で聞こえる鳴き声はおデン様です。(26秒)


nice!(49)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫缶なんだもん! [ママ]

P1010396.JPG

 ママはキャットフードの成分が疑問です。添加物とかではなくて主原料です。猫が牛に襲いかかっているところや、海に潜ってマグロに食い付いているところを、想像してみて下さい(可愛い!ってそういう問題じゃありまへん)

P1010003.JPG.JPG

 ネズミ缶とかスズメ缶とか、虫やトカゲでも構いませんが、何故猫が狩りしそうな動物で作らないのでしょう。肉食魚用の生き餌の金魚か、爬虫類用の冷凍ネズミを試してみたいと言い出した時は、パパにエグイと反対されました。それに猫の食性は最初の一年くらいで決まってしまうので、食べた経験が無いとあまり喜んでくれません。

P1010029.JPG.JPG

 ところが食べさせてなくても、絶対に自分達の食べ物だと思い込んでいる物があります。ツナやサケなどの魚缶です。

P1000639.JPG

 ママは猫達が小さいうちに、人間用の食事は絶対に分けてくれないと教えています。最初は食卓で大騒ぎしていた猫でも、半年も経つ頃には手を出さなくなります。(でもそばでジト~ッと見てたりするけど)

P1000626.JPG

 焼き魚や煮魚には興味無いのに、缶詰だと「ママがゴハンを独り占めする気だーっ!!」とワラワラ集まって来るのです。こうなるともう野菜とあえるとかはムリで「お前らのじゃなーーいっ!」と逃げ回りながら食べてしまうしかありません。普段ドライフードで、猫缶は特別な日のご馳走にしていたのが良くなかったようです。

P1010807.JPG

「オカン!!オカン!!」「義母上っ!」「おっかー!」「これ乳母っ!」「かかちゃま!」「奥方様ぁ!」「奥さん! 奥さ~んっ!」潤んだ瞳ですがり付いて来る七匹の猫を、蹴散らしながら食事が出来るなんて、ママの非情な性格が分かりますよねっ!

P1010810.JPG


nice!(44)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

スットコランドストーリー第67話 [スコティッシュフォールド]

P1010647_Fotor.jpg 

 〇42話から66話までのあらすじ

 空に浮かぶ不思議な光に導かれた勇者ドナルド・ゴーロウは、ネズ湖のほとりに集結したクロウヒル軍を発見。王の橋で待ち伏せして食い止めるが、敵兵の数は圧倒的だった。しかし敵軍の士気は低いとみたネルダス伯 (そんな人出てた~? ) が女王を呼ぶ。女王デニース・オーデンのかわゆさに、クロウヒル兵は次々寝返り、隣国領主モーリス公 (この人も知らないって) は撤退を余儀無くされた。(41話と登場人物紹介はこちら)

「お前たちっ! モーリスの元で戦いに明け暮れるのと、わらわの国で楽しく暮らすのと、どっちが良いのじゃ!!」「ハーーイッ! デニース様と、楽しく暮らしますぅぅ!!」

P1010754_Fotor.jpg

「モーリスを追い払っても、あいつが気になるだよ」「あの異邦人ですね」

P1000787.JPG

「おめの仕事はわかっているだべ」「それなんですけどー」「わがっているだよなっ!」「⋯⋯」

P1000786.JPG

「色仕掛けは密偵の基本技だべ」「え~~~? そんなぁ⋯」

P1010532.JPG

 グオン・ゴウンに疑念を抱いているのは、侍女ボニーも同じだった。彼女は夜な夜な城を抜け出すグオンの後を、つけて行くのだった。

P1010034_Fotor.jpg

「アタチがあの男の正体を突き止めてやるっ!」

P1010797_Fotor.jpg

「どこに行くのよ⋯」

P1010785_Fotor.jpg

「えっ⋯! 見失った??」

「きゃああああっっ!!!」

P1010729.JPG

 突如何者かに襲われたボニーはどうなるのかっ!?

 つづく⋯

 

 


nice!(51)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

おててチュウチュウ [ガン]

 猫の日で、ネコログの皆さんが朝から盛り上がっている中、ブログ開設4ヶ月目にして、やっと動画貼り付け方法が分かったー!! ので (やれやれ) ガンちゃんの「おててチュウチュウ」を紹介します。指ではなく親指の付け根の水かき(?)を吸っているんです。(34秒)

 いい歳のオヤジ猫だと思うとキモカワですよ~。


nice!(44)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の30件 | -